ニュース

アリババがLVMHやスワロフスキーなどと提携 偽造品対策を強化

 アリババ・グループ(ALIBABA GROUP)はLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)やスワロフスキー(SWAROVSKI)、サムスン(SAMSUNG)、資生堂、キヤノン(CANON)をはじめとする19社と提携し、偽造品対策を強化する。「アリババ・ビッグ・データ・アンチカウンターフィッティング・アライアンス(Alibaba Big Data AntiCounterfeiting Alliance)」と名付けた偽造品対策グループを結成した。

 アリババは「新しいグループは業界同士の連携を促進するとともに、ビッグデータやテクノロジーを生かして偽造品を排除する」とコメント。模造品対策グループは、中国政府や法執行機関からサポートを得ているという。偽造品をめぐり「グッチ(GUCCI)」や「サンローラン(SAINT LAURENT)」を傘下に持つケリング(KERING)に提訴されたことがある同社にとって、LVMHと提携するのは大きな意味を持つ。ジェシー・チェン(Jessie Zheng)=チーフ・プラットホーム・ガバナンス・オフィサーは「偽造品対策に最も有効なのはデータ分析だ。この(偽造品との)戦いに勝つには、われわれが一致団結するほかない。世界初のビッグデータを用いた偽造品対策グループに、他の企業にもぜひ参加してほしい。われわれはさまざまな業界から情報を蓄積し、安全でクリーンなグローバルeコマース環境を整える」とコメント。同社は知的財産権を守るため、メンバーにビッグデータの共有や最新技術のサポートを提供し、違反した販売業者はアリババのプラットホームから除外する。その代わりに参画企業は知的財産のノウハウや偽造品対策のデータをアリババと共有する。

【関連記事】
アリババが時計の偽造品メーカーを提訴