ビジネス

アリババがLVMHやスワロフスキーなどと提携 偽造品対策を強化

 アリババ・グループ(ALIBABA GROUP)はLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)やスワロフスキー(SWAROVSKI)、サムスン(SAMSUNG)、資生堂、キヤノン(CANON)をはじめとする19社と提携し、偽造品対策を強化する。「アリババ・ビッグ・データ・アンチカウンターフィッティング・アライアンス(Alibaba Big Data AntiCounterfeiting Alliance)」と名付けた偽造品対策グループを結成した。

 アリババは「新しいグループは業界同士の連携を促進するとともに、ビッグデータやテクノロジーを生かして偽造品を排除する」とコメント。模造品対策グループは、中国政府や法執行機関からサポートを得ているという。偽造品をめぐり「グッチ(GUCCI)」や「サンローラン(SAINT LAURENT)」を傘下に持つケリング(KERING)に提訴されたことがある同社にとって、LVMHと提携するのは大きな意味を持つ。ジェシー・チェン(Jessie Zheng)=チーフ・プラットホーム・ガバナンス・オフィサーは「偽造品対策に最も有効なのはデータ分析だ。この(偽造品との)戦いに勝つには、われわれが一致団結するほかない。世界初のビッグデータを用いた偽造品対策グループに、他の企業にもぜひ参加してほしい。われわれはさまざまな業界から情報を蓄積し、安全でクリーンなグローバルeコマース環境を整える」とコメント。同社は知的財産権を守るため、メンバーにビッグデータの共有や最新技術のサポートを提供し、違反した販売業者はアリババのプラットホームから除外する。その代わりに参画企業は知的財産のノウハウや偽造品対策のデータをアリババと共有する。

【関連記事】
アリババが時計の偽造品メーカーを提訴

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら