ファッション
連載 今週の特集お届け隊 第141回

アダストリアはここがスゴい!(2024年6月3日号)

毎週発行している「WWDJAPAN」は、ファッション&ビューティの潮流やムーブメントの分2024年6月3日号析、ニュースの深堀りなどを通じて、業界の面白さ・奥深さを提供しています。巻頭特集では特に注目のキーワードやカテゴリー、市場をテーマに、業界活性化を図るべく熱いメッセージを発信。ここでは、そんな特集を担当記者がざっくばらんに振り返ります。(この記事は「WWDJAPAN」2024年6月3日号からの抜粋です)

五十君:アダストリア(ADASTRIA)が業績好調です。特にコロナ禍以降、ECの「ドットエスティ(.st)」がドライバーとなり、勝ち組になっています。昨年は創業70周年の節目でもありました。

林:ユニクロ(UNIQLO)」擁するファーストリテイリング(FR)、しまむらに続いてアパレル企業としては国内3番目の規模。上位2社は「なぜ売れているのか」がよくメディアで解説されるが、アダストリアは扱うブランドの名は知っているけれど、社名は知らない人が多いのでは。

五十君:“修正力”をテーマに特集しましたが、木村治社長も会見や取材中に笑いを交えながら「うちは修正力が強みなので」と語りますし、思い返せば2018年3〜8月に赤字転落しても半年で巻き返していました。「ドットエスティ」の成長も、コロナで実店舗が閉まり、「さあどうする?」となってからの修正による部分が大きいです。

林:ブランド数は30以上。10数年前は若い女性向けの「ローリーズファーム(LOWRYS FARM)」が売り上げ筆頭でしたが、今はファミリー向けの「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」が稼ぎ頭。ライフスタイルブランド「ニコアンド(NIKO AND...)」も大化けしました。FRもしまむらも1つの業態で伸ばしてきた中で、マルチブランドで臨機応変にやってきました。

人たらしの陽キャ集団

五十君:まさに今もアパレル小売りからプラットフォーマーへ転換しようという変革のタイミングです。修正できるのは、失敗していいという風土があることの裏返し。やりたいことがあるなら「失敗してもいいからやってみなよ」と全力で応援してもらえると、取材した若手6人が異口同音で語っていました。一方、経営幹部に聞くと、「現場との風通しの良さ」をすごく意識しています。店を撤退するような時こそ、「それでも一緒にやっていこう」と現場と直接コミュニケーションする。すごく人たらしの陽キャの集まりだと思いました。

林:FRの柳井正会長もアダストリアの福田三千男会長もほぼ団塊世代で、実家が地方の紳士服店。手法もキャラクターも違っていますが、オーナー会長なので、それが社風にも出ていますよね。ビジネス拡大への貪欲さは柳井会長と近しいと感じます。

五十君:紆余曲折はあったものの、アダストリアは木村社長とそのチームという、福田会長が事業を託せる次の世代が育った点も強みですね。これからも追っていきます!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。