ファッション
連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY 第116回

「合成」や「人工」って、そんなにネガティブなイメージですか?

有料会員限定記事

「合成」や「人工」って、そんなにネガティブなイメージですか?

上の記事にある通り、今後は「ビーガンレザー」や「マッシュルームレザー」「サボテンレザー」に「アップルレザー」などの言葉は、憚られそうです。グリーンウオッシュと呼ばれない対策も必要です。

では「○○レザー」はこれから、どう呼ぶべきなのでしょう?記事には「JISの規定では、植物由来で革の質感を再現した素材は『合成皮革』『人工皮革』に分類される」とありますから、「合成皮革」や「人工皮革」と称することは可能なわけです。となると「ビーガンレザー」は「植物由来の合成皮革」、「アップルレザー」は「リンゴ由来の人工皮革」という表記になるでしょうか?ファッションやビューティ業界はカッコいい言葉を開発するのが得意ですから、しばらくすると代替の言葉が生まれて普及するようになるのかもしれませんが、当面は「合成皮革」「人工皮革」という言葉が改めて使われるようになりそうですね。

ここで思うのは、「合成」や「人工」って、そんなにネガティブなイメージを伴う言葉だったっけ?という根本的な問題です。元来「合成」とは、「二つ以上のものを合わせて一つの状態にする」こと。そして「人工」とは、「人間の手で自然と同じようなものを作り出したり、自然と同じような現象を起こさせたりすること」。特にネガティブな意味はありません。でも、我々はこれまで「合成皮革」や「人工皮革」という言葉を避け、「ビーガンレザー」や「マッシュルームレザー」「サボテンレザー」に「アップルレザー」という言葉を使っていたワケです。この深層心理には、「合成」や「人工」という言葉にネガティブなイメージがあるから、避けたかった人もいたのでしょう。

この続きを読むには…
残り1017⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。