ファッション
連載 エディターズレター:FROM OUR INDUSTRY 第75回

忘れがちな内発性

有料会員限定記事


自分自身もそうですが、「あれ?コレって、何のためにやってるんだっけ?」と立ち止まるチャンスを生かすことができず、結局自分も他人も「?」な結果になったり、「私の思いが伝わらない……」と悲しい思いをしたりの機会は少なくありません。

私がそう感じるのは、秋に最初の、冬に次のピークが訪れる、学生によるクリエイションの審査会。最終審査には残ったけれど、残念ながら受賞を逃した学生から講評を求められるとき、「この作品で、何がしたかったんですか?」と聞くと大抵、出発点とゴールが大きく乖離していることに気づきます。先日とある学生は、漆黒のチュールをふんだんに使ったドレスを発表しました。チュールの一部は取り外しが可能で、取り去ると白い花が現れるという2ウエイドレスです。ただ残念ながら、着脱可能なチュールはごくごく一部。取り外しても、シルエットは大きく変わりません。比して現れる白い花はごくごく控えめで、チュールに負けています。結果2ウエイ感は表現しきれず、美しいドレスでしたが受賞を逃してしまいました。

デザイナーに話を聞くと、「当初はもっと、ドラマチックに変化する2ウエイを考えていた」といいます。けれど上質なチュールが手に入ったこと、上質で繊細だからこそどれだけ使っても思い通りのボリューム感にたどり着けず焦ったこと、そして、繊細だからこそ縫製も大変で一番努力したことなどが主たる要因となり、彼女は結局「チュールを使った、美しいドレス」づくりに目標を変えてしまった感があります。

この続きを読むには…
残り906⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。