ファッション
連載 1000円で何する? 第10回

250円が運ぶ感謝の気持ち ある酒場ライターの季節ごとの行い

「WWDJAPAN」の連載「1000円で何する?」

連載「1000円で何する?」10回目の登場は、“日本初”の酒場ライターにして、“漬物屋の主”でもあるバッキー・イノウエさん。いつもほろ酔いで豪放磊落なイメージのバッキーさんが、季節ごとに欠かさない習慣とは?

木版画の絵葉書(1枚275円)

木版画の絵葉書(1枚275円)

「京都の絵葉書です。手刷りの木版画によるもので、タッチの柔らかさが好きなんです。新京極の和装小物屋で、いつも買っています。

京都府外に住む友人・知人や、僕は漬物屋や“床”(飲食店が鴨川に迫り出すように作る高床のテラス、京都の夏の風物詩)を営んでいるんで、お客さんに季節のあいさつをする際に使っています。封書だとちょっとヘビーだけど、絵葉書だとカジュアルに送れるでしょ?

特に字がうまいわけではないけど、手で書くことが大事なんです。書こうとする瞬間の気持ち、書いている時間にこそ価値があると思っています。

皆さんも、どんどん手紙を書いてください」。

バッキー・イノウエ/酒場ライター

バッキー・イノウエ/酒場ライター プロフィール

1959年1月生まれ、京都府出身。高校中退後、水道配管工を経て、アートディレクターに。エリア情報誌「ミーツ・リージョナル」(京阪神エルマガジン社)に、89年の創刊以来「百の扉、千の酒」を連載中。著書に「人生、行きがかりじょう」(ミシマ社)、「たとえあなたが行かなくとも店の明かりは灯っている。」(140B)などがある。著述業と並行して96年、京都の錦市場に漬物店「錦・高倉屋」をオープン。その後、居酒屋「百練」や「焼肉 お富」など8店舗をプロデュース

連載「1000円で何する?」とは?

原宿での隠れ家ランチや、朝の気分をあげるスターバックスのオプション、週末の美術館の入館料など、ファッション&ビューティ業界人に1000円(税込1100円)で日常をキラキラさせるコト・モノを紹介してもらいます。ファミリーマートの靴下や古着のバンダナなど、アパレル商品もあったり?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。