ファッション
連載 1000円で何する? 第6回

“パンクな材木屋”が勝手に応援する「しまむら」の靴下

「WWDJAPAN」の連載「1000円で何する?」

連載「1000円で何する?」6回目に登場いただくのは、生まれ育った長野で材木店・工務店を経営しつつ、ブランドも手掛ける竹内利充「テイクプロダクト」ディレクター。“リピート買い”するほど熱烈に支持するソックスとは?

しまむらの靴下(各319円)

しまむらの靴下(各319円)

「個人的に“田舎のビームス”と呼んでいる『しまむら』の靴下です。1年ほど前に出張先の大阪で、替えの靴下を忘れて購入。赤×ピンクのメンズソックスって案外見かけないし、差し色としてかわいいなと。そんな折、近所のしまむらで“再会”して買い足しました。

世間的に、この手のソックスってファミリーマート一強。しまむらもファミリーマートをおおいに意識したと思うんですけど、ほぼ誰も知らないっていう(笑)。そんな、おちゃめな感じもしまむらファンとしては愛おしくて、勝手に応援させてもらってます!」。

竹内利充「テイクプロダクト」ディレクター

竹内利充/「テイクプロダクト」ディレクター プロフィール

(たけうち・としみち)長野県出身。建築系の専門学校を卒業後、セレクトショップやコレクションブランドなどでVMD、デザイナーを務め、2012年に実家の材木店・工務店を継ぐ。18年に、“生活から民藝、ときどきパンク”をテーマにしたブランド「テイクプロダクト」を立ち上げる。刺しゅう作家として、「フリーダ」などとコラボを行う一面も持つ

連載「1000円で何する?」とは?

原宿での隠れ家ランチや、朝の気分をあげるスターバックスのオプション、週末の美術館の入館料など、ファッション&ビューティ業界人に1000円(税込1100円)で日常をキラキラさせるコト・モノを紹介してもらいます。ファミリーマートの靴下や古着のバンダナなど、アパレル商品もあったり?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。