ファッション
連載 1000円で何する? 第29回

フィリピン人アートディレクターが日本で見つけた「アンダーカバー」の便利グッズ

「WWDJAPAN」の連載「1000円で何する?」

連載「1000円で何する?」29回目に登場するのは、フィリピン・マニラ発のファッションブランド「フォーチュン(FORTUNE W.W.D.)」のイサイ・アラネタ(Isai Araneta)アートディレクターだ。3月に東京・原宿のユナイテッドアローズ&サンズでポップアップイベントも行った彼女が、日本で見つけたお気に入りの便利グッズとは?

「アンダーカバー」の巻き尺(約1000円)

「アンダーカバー」の巻き尺(約1000円)

「『アンダーカバー(UNDERCOVER)』の巻き尺(メジャー)です。

私はとにかく測りたい人で(笑)、生地や服はもちろん、ラベル、パッケージ、間取り、家具などをあらゆるものを測っています。職業病ですね。

こちらは2023年に東京で行われた合同展に参加した際、ラフォーレ原宿の『マッドストア アンダーカバー』で購入したものです。

ちなみに、フィリピンでは15フィリピンペソ(約40円)ほどから手に入ります。

酷使し過ぎて巻けなくなってしまったのですが、それでも使っているお気に入りです!」。

PROFILE: イサイ・アラネタ/「フォーチュン」アートディレクター

イサイ・アラネタ/「フォーチュン」アートディレクター
PROFILE: 1994年5月14日生まれ、フィリピン出身。大学卒業後の2019年にアレン・ぺ ディレクター、パウ・マルティネス デザイナーと共に「フォーチュン」をスタート。22年には、マニラに直営店をオープンした。“ミリタリー”“ストリート”などをテーマにマニラの自社工場で生産する商品は、原宿のユナイテッドアローズ&サンズで催されたポップアップイベントでも販売された

連載「1000円で何する?」とは?

原宿での隠れ家ランチや、朝の気分をあげるスターバックスのオプション、週末の美術館の入館料など、ファッション&ビューティ業界人に1000円(税込1100円)で日常をキラキラさせるコト・モノを紹介してもらいます。ファミリーマートの靴下や古着のバンダナなど、アパレル商品もあったり?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。