ファッション

水原希子や高橋盾「アンダーカバー」デザイナーも参加 参院選に向けた投票啓蒙プロジェクトとは?

 7月10日は参議院選挙だ。スマホやテレビからは「与党が改選過半数の勢い」「目の前の生活が精一杯、投票には行かない」と、さまざまな声が聞こえる。

 そして、ファッション界からも声を上げる存在がいる。「レベル フォー ザ フューチャー(REBEL FOR THE FUTURE)」だ。

 DJ兼コンポーザーのマーズ エイティーナイン(MARS89)と、古着店のデプトを運営するデプトカンパニー代表のエリ(ERI)らが主導するプロジェクトで、俳優の水原希子、「アンダーカバー(UNDERCOVER)」デザイナーの高橋盾、アーティストのVERDY(ヴェルディ)らが参加メンバーに名を連ねる。

 参加メンバーそれぞれのアートワークを布にプリントし、パッチを製作。それを北海道から沖縄まで、約150のアパレルショップ、飲食店、美容室、大学などで無料配布している。パッチを安全ピンなどで、服やバッグに付けて意思表示するものだ。

 「レベル フォー ザ フューチャー」は、「24時間365日、中指を上げ続けるのは疲れるから、代わりにパッチで意思を示す。少しでもマシな未来のために」「暮らしの中で政治を意識するために、自分の意思や姿勢を示すために、政治的なアクションのムーブメントを広げるために、私たちの未来のために、抵抗し続けるために、パッチを身につけて外に出よう」と述べる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら