ファッション

高橋盾「アンダーカバー」デザイナーとNIGO®︎による「ラストオージー2」のアパレルラインが復活

 「アンダーカバー(UNDERCOVER)」と「ヒューマンメイド(HUMAN MADE)」は、ダブルネームによる「ラストオージー2」のアパレルラインを復活させる。コーチジャケット(税込2万3000円)やフーディ(3万円)、スエット(2万5000円)、Tシャツ(2型、各8800円)の全5アイテムを2月5日に発売する。「アンダーカバー」と「ヒューマンメイド」の実店舗およびECで数量限定で扱い、それぞれ異なるカラーを販売する。デザインには、グラフィックデザイナーのVERDY(ヴェルディ)も参加する。

 「ラストオージー2」は、1990年代に雑誌「宝島」(宝島社)に掲載された高橋盾「アンダーカバー」デザイナーとNIGO®「ヒューマンメイド」デザイナーによる連載。80年代のタイニー・パンクス(藤原ヒロシと高木完によるヒップホップユニット)の「ラストオージー」が原型だ。「ラストオージー2」は高橋とNIGO®のショップ、ノーウエア(1993年オープン)で不定期にアイテムを販売していた。なお「ラストオージー2」を継承する形で、2021年から「GQ ジャパン(GQ JAPAN)」(コンデナスト・ジャパン)が「ラストオージー2.1」を連載している。

 アパレルラインの復活に際して、高橋は「50歳を過ぎて、またやってみても面白いと思った」と言い、NIGO®︎は「VERDYみたいな新世代も出てきて感慨深さもある」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら