ビューティ
連載 エディターズレター:BEAUTY ADDICT 第34回

アメニティー市場の勢力図が様変わり?!

有料会員限定記事
※この記事は2023年10月26日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

コーセーが7年ぶりにアメニティー専用ブランドを発表しました。サステナビリティを重視する今の時代に則した打ち出しも印象的です。ジェンダーフリーで使用できるパウチとボトルタイプを提案します。ジェンダーフリーの商品群だと商品管理が簡素化できるといいます。確かに男女別の商品だと倍の商品数が必要で、保管場所や在庫管理も倍かかります。アメニティー商品を扱う宿泊施設側もコスト、管理などが軽減されるわけです。

コロナ前後でアメニティーに対する消費者のニーズが変化したそう。これまでの余分な汚れを洗い流せればいいということではなく、品質や香り、肌効果、使いたくなるデザインなどを重視し、サステナブルな社会貢献にもこだわるといいます。こうしたニーズに対応したのが今回の新ブランド「ネイチャーアンドコー(NATURE&CO)」で、全アイテムに植物由来の成分を配合。肌や髪、心をいたわる設計にし、視覚障がい者のためだけでなく、洗髪時に目を閉じていてもシャンプーとボディーソープボトルの判別がつくように、側面に触覚識別表示を採用しています。いかに宿泊の時間を魅力的に過ごせるか、それをアメニティーでどう演出できるかを考えて作ったのが分かります。

この続きを読むには…
残り481⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。