ビューティ
特集 2022年版 世界のビューティ企業トップ100 第1回 / 全3回

ビューティトップ100社の2022年まとめ 戦争とコロナ、インフレで波乱続く

無料で読める

ビューティ業界トップ100社の2022年動向まとめ 「戦争」「疫病」「インフレ」で波乱続く【2022年版 世界のビューティ企業トップ100】

毎年恒例の「世界のビューティ企業TOP100」特集では、米「WWD」が発行する「BEAUTY INC」が前年(2022年1〜12月)の売り上げに基づき発表するランキングからビューティ企業の動向をリポートする。(この記事は「WWDJAPAN」2023年7月24日号付録「WWDBEAUTY」からの抜粋で、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください)

世界のほとんどの地域で景気が回復する中、中国ではコロナ関連の規制により国内外の企業の売り上げが落ち込んだほか、2022年2月のロシアのウクライナ侵攻によるインフレが市場に大きな影響を与えた。今回のランキングでは、67%の企業が前期比で増収、29%の企業が減収を記録。ほとんどの企業が売り上げを伸ばしたものの、100社合計の売上高は2327億4000万ドル(約30兆4800億円)で前年比1%減となり、各社の業績に大きな差があることを示した。ロレアル(L'OREAL)は売上高全体の17.3%を占め、トップ100に占める割合は過去2年と同様に1.1ポイント上昇。上位10社の売上高は1391億8000万ドル(約18兆2300億円)で、上位100社中59%を占めほぼ前年並みだった。

フレグランスとスキンケアが好調

コロナ禍以来のトレンドが続き、フレグランスとスキンケアのどちらか、もしくは両方に強いプレーヤーが好成績を収めた。フレグランス分野では、プーチ(PUIG)が23年の売り上げ目標を1年前倒しで達成。インターパルファム(INTER PARFUMS)はサプライチェーンの困難を乗り越え売り上げを伸ばした。スキンケア分野では、消費者のダーマコスメへの高い関心が、ロレアルのアクティブコスメティックス事業本部などに恩恵をもたらした。欧州では、ウクライナ侵攻によるエネルギーコスト上昇を受け悪化したインフレが、高級品より大衆品に重きを置くメーカーに大きな打撃を与えた。ユニリーバ(UNILEVER)やヘンケル(HENKEL)のようによりプレミアムなカテゴリーへのシフトチェンジや値上げによって売り上げ減少を回避した企業もあったが多くは苦戦した。

中国ローカル企業が躍進

この続きを読むには…
残り5569⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。