ビューティ

【2021年版 世界のビューティ企業トップ100:51〜100位】ファイントゥデイ資生堂は66位 100社の営業利益率・株騰落率ランキングも掲載

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」7月25日号付録「WWDBEAUTY」では、2021年1〜12月の売り上げに基づく「世界のビューティ企業TOP100」を特集した。米「WWD」が発行する「BEAUTY INC」の同特集に準じたランキングを発表するとともに、各企業の動向をレポートする。ここでは、51〜100位を掲載。日本企業と急成長中の注目企業をピックアップする。後半は、100社を対象に「売上高成長率トップ10 &ワースト10」「営業利益率ランキング」「ビューティ株騰落率ランキング」も発表する。

【56位】FANCL CORP.
ファンケル

 主要ブランド「ファンケル(FANCL)」は“マイルドクレンジングオイル”の人気にけん引されたものの、メイクアップの需要は低かった。「アテニア(ATTENIR)」はベーシックスキンケアラインの新製品“ドレススノー”や中国での越境ECが好調に推移。「ボウシャ(BOSCIA)」は実店舗での需要低迷の影響を受けた。

【57位】OLAPLEX
オラプレックス

 9月に米ナスダックに上場し、評価額は150億ドル(約1兆6500億円)以上をマーク。引き続きアドベントインターナショナル(ADVENT INTERNATIONAL)が過半数株式を保有する。”No.8 ボンドインテンス モイスチャーマスク”は1000万ドル(約11億円)売り上げ、プレステージヘア分野で最大のローンチとなった。バイオテクノロジー企業アルカエア(ARCAEA)に少数株主として出資し、髪と頭皮を強くする製品の開発を計画している。

【64位】MANDOM CORP.
マンダム

 継続するコロナウイルス対策の規制と国内外での個人消費の低迷、天候不順の影響による夏期需要の縮小により、売り上げは引き続き減少した。ブランド価値向上のための3カ年計画をスタートし、インドネシアでの事業再構築とデジタル強化に注力した。

この続きを読むには…
残り2160⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。