ビューティ

「WWDBEAUTY」毎年恒例、「2021年度版 世界のビューティ企業ランキングTOP100」特集 ラグジュアリーブランドが躍進

 「WWDJAPAN」は6月から、毎月第4月曜日に「WWDBEAUTY」を発行し、ビューティ&ヘア業界に特化した特集をお届けしています。7月は、「世界のビューティ企業ランキングTOP100」特集です。
 
 米「WWD」が発行する「BEAUTY INC」の同特集を基にランキングを発表するとともに、各企業の動向をレポートします。2021年度は100社合計の売上高がコロナ禍以前の19年の水準を超え、業界としてのパンデミックからの復活を印象付けました。全100社の総売上高は2353億5000万ドル(約25兆8885億円)に達し、前年比10.7%増、19年と比較しても3.4%増となリました。全体的な傾向としてラグジュアリーが好調で、シャネル、プーチ、エルメス、シスレーなどの企業は、いずれも19年の売上高を上回り高い成長率を記録しました。また、21年度はコロナ下で保有する株式を整理しポートフォリオの改善や適正規模化を図る動きが顕著だったほか、美容関連のIPOが目立ったのも特徴です。
 
 特集内では、営業利益率ランキングやビューティ株騰落率ランキングも掲載しています。

「WWDBEAUTY」が付属する「WWDJAPAN」の購入はこちら