ファッション
連載 SNSトレンドに、業界は「どうする」? 第38回

Vol.38 新ステマ規制を前に改めてインフルエンサーとの関係性を考える【SNSトレンドに、業界は「どうする」?】

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」のソーシャルエディターは毎日、TwitterやFacebook、Instagram、そしてTikTokをパトロールして、バズった投稿や炎上、注目のトレンドをキャッチしている。この連載では、ソーシャルエディターが気になるSNSトレンドを投げかけ、業界をパトロールする記者とディスカッション。業界を動かす“かもしれない”SNSトレンドの影響力や、投稿がバズったり炎上してしまったりに至った背景を探る。今、SNSでは何が起こっているのか?そして、どう向き合うべきなのか?日々のコミュニケーションのヒントにしたい。今回も10月に始まるステルスマーケティングの新規制を考える。

Vol.37 10月施工の新ステマ規制を前に、改めてSNSマーケティングを考える【SNSトレンドに、業界は「どうする」?】

> Vol.37 10月施工の新ステマ規制を前に、改めてSNSマーケティングを考える【SNSトレンドに、業界は「どうする」?】

ソーシャルデスク浅野:前回は10月に新たに施行されるステルスマーケティングの規制について議論しましたが、ビューティ系商材は特に影響が大きそうですね。一般消費者や企業の動向などを日々リサーチしていますが、そもそも「PR表記ってそんなに悪いものなのか?」と感じます。PR表記=「インフルエンサーが金儲けをしている」「忖度して、良い事しか言ってない」というネガティブなイメージが染み付いているからだと思いますが、最近はインフルエンサーも自身のブランディングに慎重です。特にフォロワーが多い人はよりシビア。となると、むしろPR表記ってとても誠実に商品を選び、発信している証拠なのでは?と思うんです。もともと美容系商材は薬機法なども厳しいので、専門知識を持ったインフルエンサー自身が啓発しているケースも増えています。皮肉にもこれまで規制の“グレー”をついたステマが横行してきたからこそ、PR表記付きの投稿は信頼できるレビューである、と消費者も気づき始めているかもしれません。
繰り返しになりますが、これから企業がするべきは「イケてるインフルエンサーとの協業」に尽きます。

この続きを読むには…
残り1896⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。