ファッション
連載 SNSトレンドに、業界は「どうする」? 第39回

Vol.39 TikTokでバズって完売状態が続く「ユニクロ」バッグのスゴいところ【SNSトレンドに、業界は「どうする」?】

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」のソーシャルエディターは毎日、TwitterやFacebook、Instagram、そしてTikTokをパトロールして、バズった投稿や炎上、注目のトレンドをキャッチしている。この連載では、ソーシャルエディターが気になるSNSトレンドを投げかけ、業界をパトロールする記者とディスカッション。業界を動かす“かもしれない”SNSトレンドの影響力や、投稿がバズったり炎上してしまったりに至った背景を探る。今、SNSでは何が起こっているのか?そして、どう向き合うべきなのか?日々のコミュニケーションのヒントにしたい。今回は、TikTokでバズって売れている「ユニクロ(UNIQLO)」のバッグの話。

「ユニクロ」“ラウンドミニショルダーバッグ”が大バズり 英国のTikTok投稿がきっかけ

ソーシャルエディター津田:今、「ユニクロ」の“ラウンドミニショルダーバッグ“が世界中で売れています。ファッションECの検索プラットフォーム、リスト(LYST)が発表する2023年第1四半期のファッショントレンドでも1位に選ばれており、ファッション関係者の間では「ミレニアル世代のバーキン」とも呼ばれています。このバッグがヒットしたきっかけは、イギリスのインフルエンサー、ケイトリン・フィリモア(Caitlin Phillimore)が、約1年前にTikTok に投稿したバッグの中身を紹介する動画でした。小さいバッグから、カメラ、お菓子、鍵、財布、コスメ、香水、ヘッドホンなどが次々と取り出されるこの動画。高い収納力に、1500円というお手頃な価格も相まって“バズ“を生み出します。以降もミレニアル世代を中心にジワジワと話題になり続け、さまざまなカラーリングで販売されては完売を繰り返しているそうです。ちなみに先月、ロンドンにオープンした新店舗の壁面には、彼女のバッグのその時の中身が展示されています(笑)。

ロンドン・コヴェントガーデンの「ユニクロ」新店をパトロール! 日本茶カフェや生花店が編集するブースを初導入

この続きを読むには…
残り1910⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。