ファッション

コロナ禍明けの中国市場の展望とは 「WWDCHINA」バイス・プレジデントが解説【23年の知っておくべき業界動向】

有料会員限定記事

 4月は新入社員が働き始めるほか、転職や異動などにより新たな職場で仕事をスタートする場合もあるだろう。そこで今回は、ドキドキしながらファッション&ビューティ業界に足を踏み入れた人に向けて、日米中韓の「WWD」エディターが業界の現在地と2023年の展望を解説する。中国といえば、2022年は厳しい外出規制の影響を受けた企業も多かったが、23年1月には渡航制限も解除され景気回復への期待がかかる。「WWDCHINA」のバイス・プレジデントが、中国市場に未来について語る。(この記事は「WWDJAPAN」2023年4月3日号からの抜粋に加筆したものです)

 2022年末、中国はコロナ禍に関連した規制のほとんどを解除した。世界経済の重しとなっていた要因がやわらぎつつある現在、新たなテクノロジーやサステナビリティへの投資といった次のレースが始まっている。

 ファッション業界を含め、中国経済の復活を願う声は多いが、消費者心理と市場需要はいずれも大幅に変化している。景気や消費意欲はいつになったら戻るのだろうか?ここ3年ほど“回復”という言葉が繰り返されているが、消費からサプライチェーンに至るまで完全に回復するには、あと3年ぐらいかかるかもしれない。

 ポジティブな話をしよう。実店舗に客足が戻ったこともあり、23年第1四半期の売り上げは上向いている。値下げ圧力があまりなく、在庫レベルも改善しているため、株価収益率は低いまま1株当たり純利益が上がるという、中国で野球のダブルプレーにちなんで名付けられた“デイビスのダブルキル(併殺)”と呼ばれる状況の発生が期待される。こうした経済環境下において、起業家はリスクを意識しつつも潜在的なビジネスチャンスの増加を感じ取り、“失われた3年”を取り返すべく積極的に動くものだ。

この続きを読むには…
残り1304⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。