ビジネス

韓国版「WWD」ローンチ 日本、中国に次ぐ第3の国際版

 「WWD」は10月14日、ソウル・ファッション・ウイークの期間中に、同メディアにとって日本、中国に次ぐ第3の海外版「WWDコリア(WWD KOREA)」をローンチする。

 「WWDコリア」は、米「WWD」を傘下に持つペンスキー・メディア・コーポレーション(PENSKE MEDIA CORP.)と、韓国のアントレプレナー(起業家)ユナ・キム(Yuna Kim)が締結したライセンス契約に基づくもの。編集長は、韓国版「ヴォーグ(VOGUE)」のディレクターを務めたリース・キム(Resee Kim)が担う。正式ローンチは来年1月の予定だ。

 米「WWD」のエディトリアル・ディレクター、ジェームス・ファロン(James Fallon)は、「今回の契約により、『WWD』は拡大が続くコリアンビューティ、ファッションの深い見識を得ることができる。『WWD』は今後も、世界の通信網を拡大する予定だ」と話した。

 「WWD」は今夏、チャイナ・マインド・ネクスト(CHINA MIND NEXT)社とライセンス契約を締結し、ウェブメインの中国版「WWD」をスタートしている。

 INFASパブリケーションズとの契約に基づく「WWDジャパン」は1979年創刊。現在は同紙に加え、ビューティ週刊紙「WWDビューティ」と、ファッション&ビューティを中核とするウェブメディアの「WWDJAPAN.com」の3媒体を手掛けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら