ファッション

“長短レイヤード”でカモフラージュ 大人のショートボトムス着こなし術【2023年春夏トレンド】

 ミニスカートやショートパンツなどのショートボトムスの着こなしのバリエーションが広がっています。大人っぽくまといたいときに便利なのが、ロングアウターとの“長短レイヤード”。背中側やサイドの脚が隠れるので、ショート丈ボトムスも挑戦しやすくなります。中でも薄手のライトアウターは、動きに応じて優美になびいて、軽やかに見せてくれます。

 「アミ パリス(AMI PARIS)」は、テニスウエア風のミニスカートにネイビーのトレンチコートを羽織りました。全体をネイビー×白のマリンカラーでまとめて、いっそうスッキリしたムードに。今回は、こういった巧みな“長短レイヤード”の新感覚コーディネートを、人気ブランドの2023年春夏ルックからご紹介します。

派生型スリーピースで
“フレッシュ×きちんと感”を演出

 

 ベストを加えたスリーピースは正統派のイメージが強いので、ショート丈のボトムスにも“きちんと感”をまとわせてくれます。「ポール・スミス(PAUL SMITH)」のミニスカート・ルックは、同じ生地のベストとコートで派生形のスリーピースにまとめました。ボーダーをぼかしたような柄が上品な印象です。ミニのおかげで若々しさが加わり、マニッシュさや英国調とのミックステイストが実現しました。

 シャツを取り入れたスリーピースも登場しています。2枚目の写真「ネヘラ(NEHERA)」は、カラートーンの近いオレンジで、シャツ、ショートパンツ、コートを統一。ベルトも同系色でそろえています。ショートボトムスは足が浮いて見えがちですが、カラートーンを合わせれば、上品なトータルコーディネートに落とし込めます。シャツ&パンツ効果で、洗練されたマニッシュ感が漂いました。

黒アウターでクールに
コントラストを強調

 軽やかな着心地が魅力のショートボトムスですが、合わせるアウター次第で落ち着いた雰囲気で着こなすこともできます。シックな印象を打ち出すなら、黒系のアウターが有効です。ロングコートなら、裾丈のずれ加減がさらに際立ちます。

 ボクサー風ショートパンツのオレンジ色が目を引くのは、「スタジオニコルソン(STUDIO NICHOLSON)」のコーディネート。ゆったりとした黒コートのおかげで、コントラストが効いたスタイリングに。全体をダークトーンで包むことで、ショートパンツに大人っぽさをプラス。オレンジが差し色の役目を果たしています。

 春夏はジレもおすすめです。2枚目の写真「コトナ(KOTONA)」は、黒のロングジレをシャツの上から重ねました。ジレのボタンを途中から開けて、裾を遊ばせているので、きれいなAラインを描いています。オレンジの襟なしシャツが適度にのぞいて、華やかさもキープ。ロングジレに覆われて、脚は控えめに見える仕掛けです。

ハイソックスをプラスして
素肌をカモフラージュ

 羽織り物に加えてレッグウエアも使えば、脚をダブルでカモフラージュできます。ソックスは種類が多いので、好みのムードをまとえる点で重宝します。

 レースのミニスカートにシャツワンピースを重ねたのは、「フィル ザ ビル(FILL THE BILL)」。“長短レイヤード”と、素肌がほのかに透けるシアーなハイソックスで、レッグラインに変化をもたらしました。足元にはブーツを迎え、脚のヌーディーさを抑え込んでいます。シャツワンピースの前を開けて裾を遊ばせ、レイヤードの動きを出しているのも巧みなスタイリングです。

 ショートボトムスを使ったスポーティーな着こなしも、春夏に試したい一つです。2枚目の写真「プラン C(PLAN C)」はその好例。スリムなショートパンツを主役に据えて、ライトアウターをオン。風をはらむような装いに整えました。色をずらして、長短のコントラストをくっきりさせ、斜め掛けバッグで一段とアクティブな雰囲気に。黒のハイソックスで足元をシャープに引き締めています。

 ミニスカートやショートパンツは得意・不得意が分かれやすいボトムスですが、長短レイヤードを使えば、苦手意識を乗り越えて、自在に着こなしやすくなります。元気なムードと大人っぽさを兼ね備えた見え具合に仕上げられるので、これからの季節に役立ちます。全体的にすっきりした印象を与えるメリットもあるだけに、トライしがいのあるスタイリングです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。