ファッション

「ピーチ・ジョン」2016-17年秋冬東京コレクション

REPORT

パリの淑女が身にまとう“ビンテージ シック”なランジェリーでイメージを大人化

「ピーチ・ジョン(PEACH JOHN)」が、約10年ぶりとなるショーを発表した。渋谷ヒカリエのホールAには、ホテルの客室のような扉がいくつも付いた、巨大な箱が出現。始まる前から来場者の期待感を高めた。

 暗転した会場が明るくなると、扉の前に立っていたのはハイブランドのビンテージのコートを羽織り、赤いリップを塗ってエレガントに佇むモデルたち。さらに一旦、扉の中に入りまた出てくると、モデルたちがランジェリー姿に変わっているというユニークな演出で、ショーはスタートした。

 パリ8区のモンテーニュ通りを行き交う淑女のランジェリーをイメージしたというコレクションは、“ビンテージ シック”がテーマ。従来の「ピーチ・ジョン」が打ち出してきた、かわいらしいセクシーさとは異なる、上品で洗練されたコレクションを披露した。

 ハイウエストのパンティーや、ワイヤーを入れつつも胸は締め付けないリラックス感のあるブラジャーなどには、繊細なシアーレースや上質なコットンを多く採用。上品な光沢を持つサテンを用いたり、透け感の異なるレースを切り替えすことで、抜け感とセクシーさを共存させた。また、スワロフスキーやパールなどの装飾を施した、ぜいたくなアイテムも。ダスティーカラーで色みを抑えることで、大人の女性がファッションとして楽しめるランジェリーがそろった。

 なお、「ピーチ・ジョン」は2016年春夏、大人の女性をターゲットにイメージを一新。今秋冬から、さらにデザインやクオリティーを高めて本格的に打ち出していくことが、今回のショー開催のきっかけになっている。

[rel][item title="【スペシャル】東京ファッション・ウイーク2016-17年秋冬特集 東京ファッション・ウイークを120%楽しもう!" href="http://www.wwdjapan.com/focus/special/201617fw/13926" img="http://www.wwdjapan.com/focus/wp-content/uploads/sites/4/2016/03/header.png"][/rel]

LOOK

[rel][item title="【スペシャル】東京ファッション・ウイーク2016-17年秋冬特集 東京ファッション・ウイークを120%楽しもう!" href="http://www.wwdjapan.com/focus/special/201617fw/13926" img="http://www.wwdjapan.com/focus/wp-content/uploads/sites/4/2016/03/header.png"][/rel]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら