ファッション

パントーン社とのコラボで新色グリーン開発 「ケイト・スペード」は幾何学模様と鮮やかな色の共演で周年を祝福

 「ケイト・スペード ニューヨーク(KATE SPADE NEW YORK)」の2023年秋冬コレクションが、ニューヨーク時間の2月10日に発表された。会場となったのはアメリカンアートの発信地としても知られるホイットニー美術館。会場前には今回のコレクション用にカスタマイズした「ケイト・スペード」タクシーが駐車し、コレクションへのワクワク感を煽った。ちなみにこのラッピングされたタクシーは、ニューヨーク・コレクションの期間中の16日までマンハッタン中を走るという。

 会場に横に設けた小さなスペースの部屋は壁からゆか、天井までグリーンに塗られ、壁にはグリーンのバッグがディスプレイされていた。そこで配られた米「WWD」の表紙にも同じ色のグリーンと幾何学模様がプリントされ、「Kate spade Green」「Color developed by PANTONE」という文字が。そう、ブランド設立30周年を記念し、パントーン社とコラボレーションした新しいシグネチャーカラーとなるグリーンのお披露目も兼ねているわけだ。創業当初から大切に用いてきたグリーンは、ブランドのヘリテージを大切にしながら、モダンになった。深みのあるグリーンは上質な抹茶を想像させる上品な色味で、日本人には親近感のある色のように思えた。

 プレゼンテーション会場に足を踏み入れると、大きな窓からは太陽の光が差し込み、ハドソン川を臨むニューヨークならではの景色が目の前に広がった。ひな壇のように作ったステージの上にはグリーン、ブルー、イエロー、ピンクなど、鮮やかな色の新作をまとったモデルたちが並んでいる。ウィメンズのライフスタイル部門デザイン責任者のトム・モーラ(Tom Mora)とレザーグッズ&アクセサリー部門デザイン責任者のジェニファー・リュウ(Jennifer Lyu)が手がけたコレクションは、シャイニーなスパンコールのミニドレス、光沢感あるパテントのジャケット&スカート、ボリュームたっぷりのエコファーのストールと素材はさまざまだが、プリントや大胆な刺しゅうで幾何学模様を施し、ポップで軽やかな印象を与えている。

 「今季のストーリーは、この季節がもたらす普遍的な喜びの感覚、つまり新たなエネルギーの感覚を呼び起こします。それは真っ白なキャンバスのようなもので、新しい何かの始まりです」と、トム・モーラとジェニファー・リュウ は語った。再び装うことへのワクワク感を表現したというコレクションでは、色を巧みに取り入れ遊び心を加えたアイコニックなバッグも見逃せない。30周年を迎えた「ケイト・スペード ニューヨーク」はブランドのDNAを継承しながら若さのあるフレッシュな感覚を取り入れ、人生の予測できないワクワク感をコレクションで表現している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。