ファッション

箱根駅伝を制するシューズはどこだ! スポーツ各社期待のモデルまとめ

 正月の風物詩である箱根駅伝が2023年1月2〜3日に迫った。スポーツメーカーによる“シューズ争い”も年々ヒートアップしているが、どのシューズを選ぶかは選手にゆだねられており、大会当日まで分からない。ここではレースの予習として、「ナイキ(NIKE)」「アディダス(ADIDAS)」「アシックス(ASICS)」「ミズノ(MIZUNO)」「プーマ(PUMA)」「ニューバランス(NEW BALANCE)」の全6社の前回大会の着用者数ととともに、着用が期待できる最新のランニングシューズを紹介する。

「ナイキ」
前回着用者:154人(1位)
注目シューズ:“ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2”

 「ナイキ」は前回、210人中154人(73.3%)が着用し、圧倒的なシェアを誇った。同社注目の最新レースシューズは、“ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2(NIKE AIR ZOOM ALPHAFLY NEXT% 2)”だ。前回は1区の吉居大和選手(中央大学)と9区の中村唯翔選手(青山学院大学)、10区の中倉啓敦選手(青山学院大学)が同シューズの前身モデルで区間賞を獲得している。

 “アルファフライ”は、ランニング業界に“厚底”論争を起こした“ヴェイパーフライ(VAPORFLY)”から派生したシリーズで、ミッドソールに“ズームX”という高反発素材と推進力を生むカーボンプレートを内蔵するのが特徴。さらに、前足部に“エア”が付いており、“ヴェイパーフライ”よりも推進力が高い。効果を最大限発揮するにはエア付近で接地する必要があり、コントロールが難しいというデメリットもあるが、走法にマッチすれば大きなメリットをもたらす。「ナイキ」は毎年、箱根に向けた限定デザイン“エキデンパック(EKIDEN PACK)”を用意しており、今年はトンボに着想した斬新なデザインを採用した。

「アディダス」
前回着用者:28人(2位)
注目シューズ:“アディゼロ タクミ セン 9”

 着用率2位だった「アディダス」の注目シューズは、“アディゼロ タクミ セン 9(ADIZERO TAKUMI SEN 9)”だ。3〜5キロのロードレースや駅伝に最適なモデルで、前回は5区区間賞の細谷翔馬選手(帝京大学)がこのシリーズを着用した。

 同シューズは、5本指形状のグラスファイバーを内蔵し、カーボンプレートのような推進力を備えながら、より繊細な接地感覚と高い屈曲性を持つ。前作よりフィット感のあるメッシュアッパーを採用し、片足5グラムの軽量化も実現している。“厚さ40ミリ”の競技規定ギリギリまでソールにボリュームを持たせたシューズも多い中、同シューズは33ミリなのもポイントだ。

「アシックス」
前回着用者:24人(3位)
注目シューズ:“メタスピード スカイ プラス”

 「アシックス」の注目シューズは、“メタスピード(METASPEED)“シリーズだ。同シリーズは「ランニング市場の首位奪還」を掲げて、廣田康人社長の直轄プロジェクトとして開発したもので、膨大なアスリートの走行データを分析し、スピードと共に歩幅が広がる“ストライド走法”と、歩数を増やす“ピッチ走法”それぞれに対応するモデルがある。2021年4月の発売以降、世界トップ選手や市民ランナーの自己ベスト更新に貢献しており、箱根でも着用者ゼロだった一昨年から、昨年は24人着用にまで支持を広げている。

  特に着用が期待されるモデルは、ストライド走法に合わせた“メタスピード スカイ プラス(METASPEED SKY+)”。少ない歩数でゴールすることを追求し、同社が持つ軽量ミッドソール素材で最も反発性のある“エフエフ ブラスト ターボ”を前作から4%増量した。さらにカーボンプレートをフラットな形状にしてミッドソール上部に配置することで、接地時にミッドソール全体を圧縮し、より大きなエネルギーリターンを得られるように改善。11月開催の出雲駅伝では、8区区間賞だった花尾恭輔選手(駒澤大学)が同シューズを着用している。オレンジ×ブルーのカラーは箱根限定デザインで、前に進む爆発的なエネルギーと、状況を見極めながら冷静に走る2つの側面を表現している。

「ミズノ」
前回着用者:2人(4位)
注目シューズ:“ウエーブデュエルネオツーエリート”

 前回実績は2人にとどまった「ミズノ」の注目シューズは、トップランナー向けシリーズ“ウエーブデュエルネオ(WAVE DUEL NEO)”の最新モデル“ウエーブデュエルネオツーエリート(WAVE DUEL NEO 2 ELITE)”だ。ソールの厚さは25ミリメートルと比較的薄めだが、「ミズノ史上最高」とうたう高反発素材“ミズノエナジー”の軽量版を使用することで、高いクッション性と反発性を備えるほか、接地感覚にも優れている。樹脂を波型に形成した“ウエーブプレート”内蔵で、推進力も高い。

 同シリーズは、前回大会で4区区間賞を獲得した嶋津雄大選手(創価大学)が、真っ白のプロトタイプカラーを着用していることでも知られる。なお、同社は年明けにメディア向けの新作発表を控えており、箱根で新シューズを披露する可能性も高い。

「ニューバランス」
前回着用者:1人(5位)
注目シューズ:“フューエルセル スーパー コンプ エリート V3”

 前回着用者1人だった「ニューバランス」の注目シューズは、フルマラソンや中距離レースに向けたトップモデル“フューエルセル スーパーコンプ エリートV3(FUELCELL SUPER COMP ELITE V3)”だ。より大きな反発力を生むため、メーカー独自の高反発素材“フューエルセル”を使って40ミリの規定ギリギリまでミッドソールを厚くし、内部にカーボンプレートを配置。カーボンプレートは丘のように湾曲しており、接地時に自然と沈んでより大きなエネルギーリターンをもたらす。

「プーマ」
前回着用者:1人(5位)
注目シューズ:“ ファストアール ニトロ エリート”

 「プーマ」は前回着用者が1人で、「ニューバランス」とともに全体5位。浮上を誓う今回は、箱根の森と芦ノ湖の青に着想した特別デザイン“ファスター パック(FASTAR PACK)”を12月上旬に発売し、大会前から選手や関係者に大きくアピールしている。

  特別デザインは、“ファストアール ニトロ エリート(FAST-R NITRO ELITE)”と“ディヴィエイト ニトロ エリート 2(DEVIATE NITRO ELITE 2)”の2モデル。どちらもミッドソールに短距離スパイク向けの特殊な高反発素材を配合し、低めに配置したカーボンプレートが特徴だ。特に“ファストアール ニトロ エリート”は、前回大会で加藤大誠選手(明治大学)が着用したモデルのアップデート版で、複数選手の着用が期待できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。