ファッション

「エブール」23年春夏は軽さを重視 クリーンなカラーとショート丈で

 サザビーリーグのウィメンズブランド「エブール(EBURE)」は2023年春夏、「イマジネーション」をシーズンテーマに、ブルーやグリーン、ピンクのグラデーションといった、クリーンで軽やかさを感じさせるカラーパレットを軸に提案する。

 「今季は若草色とベージュ、濃いグリーンのグラデーションから発想が広がった。日本では馴染みのないような色合いをあえてキーカラーとして提案することで、感性を刺激しコーディネートも含めて人々の想像力を掻き立てたい」と古屋ユキ「エブール」ディレクター兼デザイナー。

 秋冬に続き、アイテム軸でも軽さを重視した。秋冬で人気のショートの丈感をスーピマコットンのツイルコートで再現したほか、MD面ではコートを減らし、ジャケットやブルゾン、ジャケット型のカーディガンなどの羽織りもののバリエーションを拡充した。

 コーディネートのキーになるのは、ショートパンツ。ジャケットやニットと合わせて足元でも軽さを演出する。加えて、トレンチコートと同じツイル素材で企画したチノパンや、秋冬で人気だったジーンズの新色も抜け感を演出するアイテムとして提案する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。