ビジネス

雑誌「モダンリビング」が富裕層向けのインテリアコーディネートサービスをスタートのナゼ

有料会員限定記事

高坂敦信/「モダンリビング」編集長

PROFILE:(こうさか・あつのぶ)1996年に婦人画報社(現・ハースト婦人画報社)入社。日本初の男性ファッション誌である「メンズクラブ」の編集部を経て、2001年から「モダンリビング」編集部に在籍。個人邸のインテリアスタイリングビジネスにも携わる

 ハースト婦人画報社のインテリア雑誌「モダンリビング(MODERN LIVING)」は、「建築というハードと、暮らしを彩る家具や小物、植物などのソフトが理想的に結びついて『住まい』になる」を提唱している。ところが高坂敦信編集長は、「取材をしていると、『引っ越したばかりで家具が足りない』や『新しい建物に前の家具が合わない』というケースに遭遇する」ように。「編集者として写真のクオリティーを上げたい」と考え、撮影の際に植物などを自主的に持ち込むと住人から、「こんな植物を見繕ってほしい」や「植物を置きたいけれど、枯らしたらどうしよう?」などの相談を持ちかけられて10年以上前、ひっそりと植物のレンタルサービスをスタートした。サブスクリプション型のサービスで、大きな鉢植え1つが毎月5000円〜だったという。このサービスを発展させて今年、編集部員が誌面で活躍するインテリア・コーディネーターとタッグを組んで住居に見合った家具を提案、購入した家具(最低合計300万円以上)の10〜15%をスタイリング料金として支払ってもらう富裕層向けのビジネス「MLスタイリング」をスタートした。すでに5、6件のコーディネートが進んでいるという。

この続きを読むには…
残り498⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。