ファッション

元祖マルチ編集者 戸賀敬城が断言「ファッション業界最強は編集者だ!」

有料会員限定記事

 メディアによるブランディングやマーケティング、コンサルティングの仕事が増えている。果たして、その理由はなんだろう?そう考えて、「メンズクラブ」(ハースト婦人画報社)の編集長を退任後、さまざまなブランドの仕掛け人としても活躍する戸賀敬城氏に話を聞いた。すると戸賀氏は、「ファッション業界で最強なのは、編集者!」と言い切る。その理由は?(この記事は「WWDJAPAN」2022年11月28日号からの抜粋です) 

戸賀敬城/編集者、オフィス戸賀代表

戸賀敬城(とが・ひろくに):1967年、東京生まれ。学生時代から「ビギン」(世界文化社)でアルバイト、大学卒業後にそのまま配属となる。2002年、「メンズEX」(同)の編集長に就任。05年、「時計ビギン」(同)の編集長に就任。06年、「ウオモ」(集英社)エディトリアル・ディレクターに就任。07年、「メンズクラブ」の10代目編集長に就任した 

WWDJAPAN(以下、WWD):編集者としての経験や知見、人脈は、現在のキャリアに生きている?

戸賀敬城(以下、戸賀):「メンズクラブ」の編集長を退いたとき、「編集者はつぶしが利かない」とか「出版業界は斜陽だ」と言う人もいたけれど、僕は全然そう思っていない。むしろ編集者は、ファッション業界で一番強いと思っている。強いから、企業が放っておかない。

WWD:その理由は?

戸賀:特に男性誌の編集者は、読者の仕事や趣味嗜好、興味・関心をよく知っている。そのいずれかから、他を想像することにも慣れている。だからまだまだ苦手なメーカーも多い、ユーザーの生活や購買行動、心理などを踏まえたマーケティング戦略を組み立てられる。それを高いレベルで実行できるコンテンツの制作力にも優れている。編集者は、かつてはアンケートハガキ、今ならウェブ記事のPVやSS、滞在時間などで読者を分析している。そもそも読者のことがわからなかったら、編集者は務まらない。それは、信号のかなり手前で「そろそろ青信号になるな」や「右折の矢印が出そうだな」と予測しながら運転できる感覚に近いと思う。予想できない事態が発生し、慌てて急ブレーキを踏まなくちゃならない時もある時代。ある程度先を見据えて運転できる編集者には、企業のマーケティング担当は敵わないと思う。振り返れば僕が「メンズクラブ」の編集長に就任したのは40歳の時。当時読者の平均年齢は43〜45歳くらいだった。編集長に就任して以降は特に、自分が(読者と同じような趣味嗜好や興味・関心を持つ)“メンクラ君”になろうとしていた。編集者なら、誰もが同じような経験をしていると思う。それは、財産だ。

WWD:現在携わっているブランドでは、経験をどう生かしている?

この続きを読むには…
残り1957⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。