ファッション

イトーヨーカドーが宝島社の雑誌と組んで衣料品開発 課題の30〜40代取り込み目指す

 イトーヨーカ堂は9月5日、宝島社の雑誌と組んだ新プロジェクト「アンドスタンダード(&STANDARD)」の商品を発売した。全国のイトーヨーカドー97店と公式ECで扱っている。「食品売り場には若い世代の客も多いが、衣料品売り場には若い客が少ない。宝島社の発信力とイトーヨーカドーの利便性を掛け合わせることで、F2、M2層(35〜49歳の男女)に訴求する」(神戸智子イトーヨーカ堂ライフスタイル事業部シニアMD)ことが開発の狙い。

 第1弾商品は、30〜40代男性が中心読者層の「モノマックス(MonoMax)」と、30代女性向けファッション誌「スプリング(SPRiNG)」の編集部と組み、“ポケットがいっぱい”“たたんでコンパクト”という機能性を打ち出した18型のアイテムをそろえた。ウィメンズ、メンズのアウター(ウィメンズ6589円、メンズ9889円)やウィメンズのポケッタブルなワッシャープリーツスカート(4389円)、メンズのジャケット(5489円)とパンツ(4389円)のセットアップなどのほか、リュック(ウィメンズ、メンズ共に6589円)やメンズのボクサーショーツ(1419円)といった雑貨もそろえる。

 8月23日発売の「スプリング」10月号と、9月9日発売の「モノマックス」10月号、両誌のSNSなどで「アンドスタンダード」を打ち出していく。「雑誌と外部ブランドとのコラボレーションはこれまでも行ってきているが、何を作るべきかといった最初期の段階から一緒に取り組んだのは今回が初めて。雑誌編集で蓄積してきたデータや発想力を生かすことができた」と、奥家慎二「モノマックス」編集長は話す。第2弾として、10月には“ペットの毛がつきにくい”を打ち出したアイテムを発売予定という。イトーヨーカ堂は宝島社との取り組み期間は公表していないが、「短期ではない。できれば毎月最大10型程度を投入していきたい」(神戸シニアMD)という。時期やテーマによって、宝島社の別の雑誌とも適宜取り組む。

 「イトーヨーカ堂としてチラシ広告なども実施しているが、それをターゲットであるF2、M2層が見てくれているかというと厳しいものがある」と神戸シニアMD。宝島社のさまざまなコンテンツと組むことで、「ターゲット層に気づいてもらって来店していただきたい。ゆくゆくはライフスタイル売り場全体の回遊につなげたい」。

 とは言え、イトーヨーカ堂に限らず、GMS(量販店)の衣料品売り場は「ユニクロ(UNIQLO)」や「ファッションセンターしまむら」などのカテゴリーキラーにパイを奪われ続けてきたという流通業の歴史がある。「衣料品に限らず、日用品を幅広く扱えることがわれわれGMSの強み。具体的に決まっているものはないが、『アンドスタンダード』でも衣料品だけでなく、寝具やキッチンツールなどさまざまなアイテムに取り組むことが可能だ」と神戸シニアMD。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。