ファッション

2023年秋冬トレンド、最新テキスタイルを一挙公開(全148枚)

有料会員限定記事

 世界のファッション産業も環境配慮やリユース、リサイクルなど、サステナビリティが当たり前になる世界線へと到達しつつある。2023-24年秋冬はリアルとバーチャル、天然繊維と化学繊維、デジタルとアナログなどの境界を壊し、新たな“定番”を探す旅の季節になりそうだ。

 カシミヤや上質なウール、アルパカなどの秋冬の定番上質素材を使ったメルトンが復活する一方で、プリント柄や色使いでは奇抜さが求められそうだ。久しぶりにベルベットやシャギーなどの毛足の長い素材もトレンドに躍り出そうだ。表面のツルっとした化学繊維ではブラック&ホワイトのゴシックな色使いや光沢に注目したい。(この記事は2022年11月14日発売「2023年春夏トレンドブック」からの抜粋です)


【Textile Trend 1】
グランジエレガンス

 落ち着いたベーシックカラーが基調の上質素材とは対象的に、表面のツルっとした合繊素材はブラック&ホワイトの色使いやレース、プリント柄で存在感を高めそうだ。合繊ならではのアクの強い光沢感と組み合わせることで、新しいエレガンスに昇華させる。デジタル感のあるプリント柄やレース柄にも注目だ。

【Textile Trend 2】
ネクストベーシック

この続きを読むには…
残り526⽂字, 画像136枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。