ファッション

続トレンドのミニスカート、この冬どう着る?スナップに学ぶアレンジコーデ【2022-23年秋冬トレンド】

 ミニスカートの人気が冬も続く気配です。でも、せっかくなら春夏とは“別の顔”でまといたいもの。ムードチェンジの仕掛けどころは、やっぱり脚。ソックスとタイツを使えば、着こなしのバリエーションがぐっと多彩になります。

 「ミュウ ミュウ(MIU MIU)」のショー会場では、ローウエストのマイクロミニスカート姿の女性をキャッチ。ジップアップのニットに、裾が切りっぱなしのミニスカートを合わせて、チラリとウエストまわりの素肌をのぞかせています。フレッシュな印象を強めているのは、女子高生のルーズソックスを思わせるニーハイソックス。“トラッド”や“ヘルシーなセクシーさ”、“フェティッシュさ”など、さまざまなトレンドを“全部盛り”したかのようなクロスオーバー加減が今の気分です。今回はおしゃれスナップをお手本に、冬の着こなしに役立てやすい、リアルなミニスカートのアレンジ術を探していきます。

スクールガール風白ソックスに
センシュアルムードをプラス

 

 ミニスカートは若々しいムードが持ち味なので、スクールガール風のスタイリングに向いています。グッドガールの雰囲気を呼び込むなら、足元に白ソックスを取り入れて。脚線を伸びやかに見せる効果も期待できます。さらに、勢いづいてきたセンシュアルなアレンジを加えると、大人っぽさも加えられます。

 1枚目は、新トレンドのタイドアップの装い。スリット入りのミニスカートで合わせて、キュートさを添えました。白ソックスを迎えて、“白×黒”のコントラストを強調。アクセントは、「プラダ(PRADA)」のトライアングルロゴが印象的なネクタイ。サングラスとバッグでフェティッシュなムードも醸し出しています。

 2枚目の女性は、2人とも白シャツとのコンビネーションでミニスカートを引き立てています。ショルダーバッグの女性は、ビスチェでシェイプを利かせてボディーラインを強調。足元は、白ソックスにメリージェーンでガーリーに仕上げました。サングラスの女性は、白シャツの胸元を開けてボディーコンシャスのスリップ・ミニワンピースを重ねています。足元はブーツでタフにキメて、テイストミックスなスタイリングにまとめました。

黒ソックスでY2Kをフェティッシュに

 脚の露出が特徴のミニスカートですが、レギンスなどを合わせることで見え具合を抑えられます。黒系のカラーを選ぶと、レッグラインが引き締まって映るおまけ付き。脚全体を隠さず、適度に素肌をのぞかせるのがキュートとフェティッシュが融合するコーディネートに仕上げる鍵です。

 1枚目は、トラッド風のアーガイル柄のニットベストの下から白シャツを出して、立体的なスタイリングに。高校生の制服のようなジャケットとミニスカートで、若々しさを上乗せしています。黒のニーハイソックスで程よく素肌をのぞかせて、カチューシャでお嬢さま風な雰囲気もプラス。グレー系の装いに、鮮やかなイエローのバッグが差し色効果をもたらしています。

 今年の冬は“Y2K”トレンドが続いているので、真冬でもミニスカートの出番がありそう。2枚目の写真は、お腹見せとミニスカートの合わせ技。クロップド丈の白シャツに、オーバーサイズのレザージャケットを羽織って、フェティッシュな見え具合に。シアーな黒のハイソックスでほんのり大人の色香も添えて。ニット帽で適度にはずした、上出来のミックスコーディネートです。

レースタイツで妖艶なムードを演出

 もともとミニスカートとタイツは好相性ですが、ムーディーな装いが盛り上がる今季は、タイツにも妖しい雰囲気を盛り込みたいもの。レースタイプを選べば、あでやかさが加わります。黒のモチーフタイツなら、ほんのり肌が透けてミステリアスな表情も備わります。

 1枚目の女性は、キュートな犬柄のニットに、スクールガール風のボックスプリーツのミニスカートをマッチング。かわいらしいスタイリングに総レースの柄タイツを合わせるだけでミステリアスなムードが加わり、手軽に大人度がアップ。ミニスカート初心者にも試しやすいタイツ使いです。

 2枚目は、ジャケットやコートをミニ丈のワンピース風にまとう、意外性のある着こなし。注目のタイドアップと合わせれば、マニッシュとフェミニンを交差させたジェンダーミックスのたたずまいに仕上がります。カッチリした印象のジャケットと、なまめかしいムードのレースタイツが、互いの持ち味を引き立て合う構図。足元にはボリュームタイプのローファーを迎えて、さらにパンチを利かせました。

 この冬は、ミニスカートにいつもと違う表情を添えて、フレッシュに楽しみたいところ。レッグウエアやシューズを工夫すれば、夏とは異なるミニルックに仕上がります。トラッドやセンシュアルのトレンドを追い風に、“アンチガーリー”を意識しながら、ミニスカートの着回しレパートリーを広げてみてください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。