ファッション

パリコレ波乱の4日目は「オフ-ホワイト」と「クロエ」で社会問題との向き合い方を考える 編集長のパリコレ真剣レビューVol.3

有料会員限定記事

 パリコレ4日目は、波乱の日だった。

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」は、英雑誌「デイズド(DAZED)」の編集長も務めるスタイリストのイブラヒム・カマラ(Ibrahim Kamara)がアート&イメージディレクターに就任して初となるコレクションを発表した。カマラは「デイズド」で、ジェンダーやアイデンティティー、多様なカルチャーへの背景知識などを持って、独自の視点でハイファッションを考察してきた人物。初めて手掛けた「デイズド」の特集は、イギリスの国民保健サービス制度に着目し、ワクチン接種の推進とそれによって大きな変化を生んだ功績を讃えるものだったという。

 そんなカマラ・ディレクターによる「オフ-ホワイト」はファッションショーを、顕在化する社会問題を提起し、自らのメッセージを投げ掛け、議論や対話を促し、より良い社会を作る契機の1つとして利用していくようだ。確かに、今回のショーの翌日には42歳の誕生日を迎えるはずだったヴァージル ・アブロー(Virgil Abloh)も、同様に社会問題を投げかけてきた。

この続きを読むには…
残り2368⽂字, 画像8枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。