ファッション

ミニマルじゃなくエモい「ザ ロウ」と、ロマンチックが花開いた「ドリス」 編集長のパリコレ真剣レビューVol.2

有料会員限定記事

 “ポスト フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)”の呼び声が高かったからこそ、「ザ ロウ(THE ROW)」をミニマルなブランドと捉えている人は、きっと多いことだろう。だが、2023年春夏コレクションは、ミニマリズムだけでは語れない。パリの中心地、新たなパリオフィスとショールームとなる空間で発表したコレクションは、その奥深さ、特にミニマリズムとは相反するほどの人間の温かみを感じさせた。

 コレクションは、ボックスシルエットのジャケットと、ハリのある素材で作るシャツのスタイルで幕を開けた。静謐。上半身は、その通りだ。けれどモデルは、ジャケットやシャツをワンピースのように着こなし、太ももを露わにしている。思い浮かぶ言葉は、「ミニマル」より「フレッシュ」だ。足元は、ポインテッドトーのローヒールか、メッシュを使ったレトロタイプのスニーカー、時にレザーのビーチサンダルで、遊び心が効いている。これまで「ザ ロウ」からは、ミニマルでストイックな印象を受けてきた。しかし、今シーズンのスタイルからは“茶目っ気”のような愛らしさを感じる。

 中盤以降は、ちょっとした遊び心や、実験的な提案、そして圧倒的なクラフツマンシップで、洋服が「人の手」によって生み出されていることを改めて印象付ける。例えば、ちょっとした遊び心は、リラックスシルエットのパンツに外付けした透ける素材のポケットで表現。美しいパンツだが、まるでインサイドアウト(裏返し)で着ているかのような、もしくは裏返しだと気づいたけれど「案外、コレもキレイじゃない?」と考えて、そのまま楽しんでいるような人間味を感じさせる。実験的な提案は、ダブルのジャケットの着こなし方。ジャケットには、前合わせの部分のみならずボタンの周囲にもボタンホールが開いているようで、ボタンに生地を引っ掛けるとダブルのスーツは不思議なボリュームシルエットを描く。ジャケットの前身頃を貼り付けたようなトップス、バイアスに裁ったニットを体に巻きつけたようなカシュクールドレスなど、今シーズンは実験的なパターンが多彩で、いずれも「こんな洋服はどうでしょう?」や「こんな着方もアリでしょう?」と問いかけているような親密さを感じる。圧倒的なクラフツマンシップは、ロング丈のシャツドレスに重ねたファインヤーンの糸で作った極薄のニットドレスや、全体の中で突出して鮮やかなクロシェ編みのベストなどに現れた。

この続きを読むには…
残り1087⽂字, 画像11枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。