ビジネス

オーガニックな交流体験ができるカフェ・店舗「アリサンパーク」オープン

 オーガニック・ベジタリアン食品の輸入卸販売のアリサンは7月15日、東京・代々木に物販とカフェを併設した店舗 「アリサンパーク(ALISHAN PARK)」をオープンする。“東京の新しいサステナブル交流拠点”をテーマに、オーガニック・ベジタリアンな新しいカフェスタイルを提案する。

 同社はこれまで本社を構える埼玉県・日高市でオーガニック・ベジタリアンをテーマにした「アリサンカフェ」を2001年から運営する。「これまで多くの人に日高市まで足を運んでもらったが、お客さまから“もっと都心にあったらうれしい、もっと来られる”という声をいただくことも少なくなかった」(同社広報担当者)。日高市と同様に豊かな自然のある場所を見つけ、東京・代々木に新店舗をオープンすることを決めた。

 「アリサンパーク」は、食を通じて「一緒に学び、つながり、楽しむ」場を提供する。1階の売り場面積は40㎡で、カフェとイートイン(15席)、ショップスペースを設ける。“ベジバーガープレート”“お豆と季節野菜のカレー”“ナチュラルブラウニー”などカフェメニューのほか、同社の人気製品・冷蔵製品を中心に約150点を販売する。

 2階の売り場面積は約50㎡。カフェスペース(30席)とイベントスペースを有す。秋以降はイベントスペースを活用しサステナブルや食に関するイベントを計画する。屋上のスペースでは秋以降にヨガなどウエルネスに関連したイベントを随時開催する予定だ。

 「東京に支店があることで、より多くの人とつながることができる。東京で当社の製品・サービスを体験してもらい、それをきっかけ日高にも足を運んでもらえた」。なお、今後も「アリサンカフェ」は同社の核となる場所として存続する。

店舗名:アリサンパーク
住所:東京都渋谷区代々木5-63-1
営業時間:7時30分〜18時

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら