ファッション

吸水ショーツ「ベア」からスリムで軽やかなはき心地の新作が登場 

 超吸水型サニタリーショーツブランド「ベア(BE-A)」は、よりスリムで軽やかな新モデル“ベア エアライト ショーツ”(XS〜3Lの6サイズ展開、全3色、各税込4950円)を6月23日に発売した。公式オンラインストアおよび一部店舗で取り扱う。公式オンラインストアでは先着1000人に特別価格(税込1950円)で販売し、使用感をレポートしてもらう「ベア エアライト チャレンジ」を開催する。

 “ベア エアライト ショーツ”は、「より手軽にはける製品を」というユーザーの声とアイディアから生まれた新シルエットを採用。「1枚はくだけで過ごせる安心感」と「機能面」を継承しながら、吸水ショーツをもっとたくさんの人に役立ててもらいたい、サニタリー期間に悩みを抱える全ての人に自由で豊かな人生を歩んでほしいという思いから、「ベア」のほかアイテムと比べて手に取りやすい価格を追求した。設備・技術・検査、全てにおいて高いレベルを保つベトナムの工場で、専用の生産スペースを確保し製造する。

 7層構造と厳選素材による薄型の吸収体は、特殊な二重の防水層やパイピングで漏れに強い仕様で、スリムなはき心地に。吸水量は約60mL。「ベア」の特徴である「ぬくもり設計」や「セパレート設計」など、先駆モデルに備えた機能性を受け継ぐ。

 「ベア」は2020年6月にクラウドファンディングで45日間で9064人から1億円以上の支援を集めてデビューしたフェムテックブランド。これまで不便を感じることの多かったサニタリーライフにおいて、その期間のニーズに寄り添う高い機能性を備えた新たな選択肢として超吸収型サニタリーショーツを提案する。ユーザーとコミュニケーションをとりながら、2年間で3度のリニューアルを行うなど、機能性とはき心地を徹底的に追求する。販売累計枚数は2022年6月で9万枚を突破。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら