ファッション

ハリー・スタイルズのファッションを22ルックで振り返り 現代のファッションアイコンに迫る!

 音楽界にとどまらず、ファッション業界にも大きな影響力を持つハリー・スタイルズ(Harry Styles)。「ワン・ダイレクション(One Direction)」のメンバーとして世界的人気を集め、2016年にグループが活動休止を発表してからはソロ活動を中心に、俳優活動も開始した。19年にアルバム「Fine Line」を発表した頃から、ジェンダーの流動性を楽しむ姿勢が見えるファッションにも注目が集まるようになり、現代におけるファッションアイコンとしての地位を確立してきた。

 ファッション業界でハリーは、「グッチ(GUCCI)」と密接に関わりを持っており、ブランドのキャンペーンにも登場した。アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターが手掛けるブランドのカスタムウエアで大きなイベントや、自身のコンサートにも出演する。ピンクやスパンコール、フレア、ヒールアイテムなどを自分らしく取り入れたスタイルが特徴で、中でも19年「メット・ガラ(Met Gala)」で着用した黒いレースのシアートップスとドレスパンツは、ハリーのスタイルが世に台頭する大きなきっかけとなった。ほかにも、「ヴォーグ(VOGUE)」20年12月号の表紙ではドレスを着用し、楽曲「Watermelon Sugar」で最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞を受賞した21年グラミー賞(Grammys)でもファーを使った「グッチ」のレトロなルックで、流動的でファッションをとことん楽しむスタイルを披露してきた。

 22年4月には新曲「As It Was」を発表。そのミュージックビデオはウクライナのタヌ・ムイノ(Tanu Muino)=ディレクターが演出を手掛け、真っ赤なコートや大ぶりのスカーフ、スパンコールがあしらわれたボディースーツなど、赤を基調としたルックでまとめている。「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」「ビアンカ サンダース(BIANCA SAUNDERS)」といったブランドを着用した。5月20日にはアルバム「Harry’s House」の発表を控えている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら