ファッション

「グッチ」が元1Dのハリー・スタイルズをキャンペーンに起用 ミケーレのシュールな世界観に染まる

 「グッチ(GUCCI)」は、2018-19年秋冬テーラーリング・キャンペーンのビジュアルに、元ワン・ダイレクション(One Direction)の英シンガー、ハリー・スタイルズ(Harry Styles)を起用した。

 撮影は北ロンドンにある老舗のフィッシュ&チップス店で行われ、グレン・ルッチフォード(Glen Luchford)がフォトグラファーを、クリストファー・シモンズ(Christopher Simmonds)がアートディレクションを担当した。キャンペーンビジュアルでハリーは「ニューヨーク・ヤンキース(NY Yankees)」のロゴが施されたグレーのウールスーツや、ピンストライプのダブルスーツ、蜂のモチーフが描かれたチェックのスリーピーススーツなどをモカシン、サンダル、スニーカーと合わせて着用している。ルックフォードが監督したキャンペーンのショートフィルムでは、ハリーがペットの鶏と犬を店に連れていき、フィッシュ&チップスをオーダーするというストーリーが描かれている。

 これまで「グッチ」は17年プレ・スプリングのテーラーリング・キャンペーンに俳優のトム・ヒドルストン(Tom Hiddleston)を、17-18年秋冬テーラーリング・キャンペーンにはハーレムの伝説のテーラー、ダッパー・ダン(Dapper Dan)を起用している。

 ハリーは、17年12月にも日本で公演した現在進行中のワールドツアー「Harry Styles: Live on Tour」で「グッチ」のオーダーメードの衣装を着用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら