ファッション

エルトン・ジョンのラストツアー衣装を「グッチ」のミケーレがデザイン

 50年以上にわたりショービジネスのキャリアを築いてきたシンガーのエルトン・ジョン(Elton John)が、ラストツアー「Farewell Yellow Brick Road」を9月8日から行う。アメリカからスタートし、3年間にわたって300回ものショーをヨーロッパやアジア、オセアニアで開催する。東京でも2019年末に公演を予定している。

 70歳のエルトン・ジョン自身が「僕のキャリアで1番多くの、そしてファンタスティックなショーになる」と断言するツアー衣装をデザインするのは、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)「グッチ(GUCCI)」クリエイティブ・ディレクターだ。「ミケーレは故ジャンニ・ヴェルサーチ(Gianni Versace)をほうふつとさせる」と話すエルトン・ジョンは、「ミケーレのデザインはユーモアがあり楽しくもあるが、美しい。ジャンニとは親友だったが、今はミケーレと仲がいいんだ」と、精巧な刺しゅうが施された「グッチ」の花柄の錦織ジャケットを着て語った。ジャケットのバックには“GUCCI LOVES ELTON”の文字。ミケーレとの個人的な交友関係が「グッチ」との独占契約に至った理由だという。

 キャリア最後のツアーを行う理由について「僕の人生で1番大切なものが変わったんだ。僕が今1番大切にしたいのは、息子たちと夫、家族だ」と、5歳のエリヤ(Elijah)、7歳のザカリー(Zachary)、夫のデヴィッド・ファーニッシュ(David Furnish)について語った。今後の活動については、「音楽活動はやめない。これからも、音楽もミュージカルも作り続ける。僕の写真展も開催し続ける。だが、息子をサッカー教室に連れていくこと。これが僕にとって重要なことなんだ」と明かした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら