ファッション

「ジョイリッチ」とスヌープ・ドッグがコラボコレクション発売 ポップアップも

 ロサンゼルス発人気ブランドの「ジョイリッチ(JOYRICH)」が1月12日、ヒップホップMCのスヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)とのコラボコレクションを世界同時発売した。昨年発表され、ファッションショーも開催された同コレクションは、約30アイテムをラインアップ。Tシャツ(7800円~)やスエット(1万7800円〜)、キャップ(6800円~)をはじめ、ほとんどのアイテムにスヌープ・ドッグを模した抜け感のある犬のイラストがあしらわれている。イメージビジュアルには、若手モデルを多く起用。17歳の歌手でモデルのイットガール、マロリー・メルク(Mallory Merk)も登場している。

 発売に合わせベイクルーズが手掛ける東京・渋谷のセレクトショップ、パルプ 417 エディフィス(PULP 417 EDIFICE)では19日から国内唯一となるポップアップストアをオープン。購入者を対象に先着で特製ステッカーを配布する予定だ。

 スヌープ・ドッグは、1971年カルフォルニアのロングビーチ生まれ。本名はカルバン・ブローダス(Calvin Cordozar Broadus, Jr.)で、芸名の“スヌープ”は、子どもの頃に母親から漫画「Peanuts」のスヌーピーに似ていると言われたことが由来。90年から活動をはじめ、92年にラッパーでプロデューサーのドクター・ドレー(Dr. Dre)が発表した1stアルバム「The Chronic」でフィーチャーされ、一躍有名に。たび重なる逮捕やドラッグなどの“ギャングスター”としてのラップで人気を博し、2012年からはスヌープ・ライオン(Snoop Lion)という芸名でも活動している。16年に「ヴェトモン(VETEMENTS)」がスヌープ・ドッグの写真を大々的にプリントしたTシャツを924ドル(約10万円)で販売し、それをスヌープ本人が知らなかったということでも話題となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら