ファッション

コレット閉店前最後のイベントで、トラヴィス・スコットがライブを披露

 パリのセレクトショップ、コレット(COLETTE)は12月18日(現地時間)、ラッパーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)を招いた閉店前最後のイベントを開催した。同日発売された「サンローラン(SAINT LAURENT)」とのトリプルコラボの限定レコードの発売に際したものだ。

 会場には、アンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)「サンローラン」クリエイティブ・ディレクターやコレットのクリエイティブディレクター、サラ・アンデルマンの他、「サンローラン」2017-18年秋冬の広告ビジュアルにも登場したポーランド出身モデルのアンジャ・ルービック(Anja Rubik)、元オアシス(OASIS)のリアム・ギャラガー(Liam Gallagher)の息子、レノン・ギャラガー(Lennon Gallagher)や仏女優のシャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)とカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)、「アズディン アライア(AZZEDINE ALAIA)」のミューズとして知られるファリーダ・ケルファ(Farida Khelfa)らが来場。ドヌーヴは「ここには数えられないくらい訪れた。私とってコレットはパリの風景の一部だった」とコレットへの思いを語った。

 「サンローラン」の黒のTシャツを着用したトラヴィスは、「コレットは閉店なんてしない!サラ、最高だ!ずっとこのままパーティーを続けていたいんだ!」と熱い想いが感じられるパフォーマンスを披露し、会場を沸かせた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら