ファッション

中国の投資会社がイタリア高級ランジェリー「ラペルラ」買収を狙う

 中国の投資会社フォーサン インターナショナル(FOSUN INTERNATIONAL以下、ファーサン)は、イタリアの高級ランジェリーブランド「ラペルラ(LA PERLA)」買収について、「ラペルラ」の親会社であるパシフィック グローバル マネージメント(PACIFIC GLOBAL MANAGEMENT)と基本合意に達した。これによって、フォーサンは30日間独占的にデュー・ディリジェンス(財務状況をはじめとする企業の活動状況を調査すること)を実施することが可能となり、デュー・ディリジェンスを経てフォーサンの投資委員会の承認が下りれば買収が実現する。

 パシフィック グローバル マネージメントはイタリア人起業家シルヴィオ・スカリア(Silvio Scaglia)によって設立された会社で、複数のモデルエージェンシーを経営する。2013年に「ラペルラ」を入札形式で獲得した。同社は「ラペルラ」の小売り拡大に力を注いでおり、16年にはニューヨーク・マディソンアベニュー店の改装などを行った。

 「ラペルラ」は1954年にアダ・マゾッティ(Ada Masotti)が立ち上げたブランド。2007年に息子のアルベルト(Alberto)がサンフランシスコを拠点とする投資会社JHパートナーズ(JH PARTNERS)に売却し、その後、JHパートナーズが13年にパシフィック グローバル マネージメントに売却した。

 フォーサンは92年に上海で創業し、香港証券取引所に上場している。同社はリゾート運営を行うクラブメッド(CLUB MED)やイタリアブランド「カルーゾ(CARUSO)」を擁する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら