ビューティ

高級ランジェリーの「ラペルラ」が化粧品を本格スタート

 イタリアの高級ランジェリーブランド「ラペルラ(LA PERLA)」が化粧品を本格スタートした。既存のフレグランスに加え、ボディーケアやスキンケア、メイクアップをラインアップし、5月27日に米国の店舗および公式ECで発売した。なお、日本での展開は予定していない。

 フレグランスは「デイリー使いできるラグジュアリー」をコンセプトに、ランジェリーなどから着想を得た8つの香りを発売。ボトルはパールをイメージしたフォルムと淡いカラーを特徴とし、価格は30mLで100ユーロ(約1万3200円)。ビーガン処方のシャワージェルやボディーバーム、ボディーセラムもそろえ、今後スクラブも仲間入りする予定だ。カラーコスメではマット仕様のリップスティック8色(各54ユーロ、約7100円)に加え、サテン仕上がりのリップバーム(52ユーロ、各6800円)やボリュームタイプのマスカラ、リキッドアイライナー(35ユーロ、約4600円)、アイブロウジェルをそろえる。なお全ての製品はサステナビリティにこだわり、レフィル対応もしている。

 同社は2019年10月にビューティ事業の子会社、ラペルラ ビューティ(LA PERLA BEAUTY)を立ち上げ、20年夏にはこれまでフレグランスを手掛けていたレブロン(REVLON)とのライセンス契約を終了させた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら