ニュース

RIZAPがスポーツ店B&Dを買収 サッカーやランニング強化

 RIZAPグループは20日、子会社のRIZAPを通じてスポーツ専門店を運営するビーアンドディー(以下、B&D)を買収すると発表した。B&Dの親会社であるスポーツ専門店大手のヒマラヤが保有している全株式を1円で取得する。B&Dはサッカーやランニングを得意とし、首都圏を中心に27店舗を運営。RIZAPの健康関連事業との相乗効果が見込めると判断した。株式譲渡日は12月28日を予定する。

 RIZAPは自社でスポーツアパレルのプライベートブランドを開発したり、今年5月にはヤマノホールディングスからウインタースポーツ事業を買収したりと、この分野の強化を図ってきた。競技人口の多いサッカーやランニングに強いB&Dを傘下に加えることで、各種スポーツ用品の開発への波及効果を見込む。またRIZAPが持つウェブマーケティングのノウハウをB&Dに注入することで、既存店舗やECでの新規の顧客獲得も期待する。

 B&Dこの数年は赤字が続いていた。2017年8月期の業績は、売上高が前期比3.6%減の72億円、営業損益が2億9200万円の赤字(前期は2億9100万円の赤字)だった。