ファッション

「グッチ」と画家ヒグチユウコの日本限定コレクション レザーグッズに加え今回は待望のウィメンズウエアも

 「グッチ(GUCCI)」は5月17日、日本人アーティストのヒグチユウコとの日本限定コラボコレクションを発売する。同コラボは2018年春夏にチルドレンズ コレクションとして初めて展開され、SNSを中心に話題となった。今回はウィメンズのハンドバッグやスモールレザーグッズ、ウエアをそろえ、価格帯は4万7000〜29万円。「グッチ」の一部店舗と公式オンラインストアで取り扱う。

 バッグやウォレットなどのレザーグッズには、ヒグチユウコが特別に描き下ろした森の中に棲むウサギや鳥のイラストをプリントした。すべてのアイテムの内側には、日本限定コレクションであることを示す刻印を施している。前回キッズのみの発売だったウエアは、待望のウィメンズが登場。ヒグチユウコのアートワークを用いたTシャツ(6万8000円)やスエットシャツ(12万5000円)、ナイロンジャケット(29万円)を用意する。
 
 ヒグチユウコは東京を拠点に活動するアーティストで、幻想的な作風で知られている。これまでさまざまなファッションブランドや画材メーカーとコラボし、2015年には自身のブランド「ギュスターヴ(GUSTAVE)」を立ち上げている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら