ファッション

「グッチ」がDIYプログラムを開始 公式ECサイトとNYの新店で自分だけのアイテムをシミュレーション

 「グッチ(GUCCI)」は、カスタマイズサービス・プログラム“Do It Yourself”を「グッチ」の公式ECサイトとニューヨーク・ソーホーの「グッチ ウースター(GUCCI WOOSTER)」で5月10日にスタートした。

 同プログラムでカスタマイズできるアイテムは、“オフィディア トートバッグ(Ophidia Tote Bag)”と“エース スニーカー(Ace Sneaker)”。公式ECサイトでは3DのCG画像と本物の商品画像を合体させたシミュレーションツールを使用し、豊富なカラーや素材のアルファベットを自由に組み合わせて、自分だけのアイテムを制作することができる。

 また、6日にオープンしたばかりの新スペース「グッチ ウースター」では、AR(拡張現実)でオーダーアイテムの仕上がりを確認できる。専用のアプリをダウンロードし、iPhoneやiPadのカメラを店内のアイテムにかざすことで、ARで確認しながらカスタマイズできる仕組みだ。このAR機能は9月から他店舗でも採用される予定だ。

 このDIYプログラムのキャンペーンビデオとビジュアルを手掛けたのは、モデルとしても活躍するアーティスト、ペトラ・コリンズ(Petra Collins)で、ロックスターになることを夢見るキャラクターを追うという構成になっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら