ファッション

リアーナ、「コーチェラ」に「グッチ」の覆面ルックで参戦するも即バレる

 カリフォルニア州インディオで4月13〜15日と20~22日に分けて開催された「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival以下、コーチェラ)」に連日参加したリアーナ(Rihanna)。今年はパフォーマンスは行わなかったものの、一参加者として同フェスを楽しんだようだ。

 14日は「コーチェラ」会場内で開催された「フェンティ プーマ バイ リアーナ(FENTY PUMA BY RIHANNA)」のプールサイドパーティーを主催。同ブランドの2018年春夏コレクションのピンクのジャンプスーツに身を包んだ。その後は「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」18-19年秋冬コレクションの太ももの付け根まであるロングムートンブーツとシアードレスに衣装チェンジし、ビヨンセ(Beyonce)のパフォーマンスを最前列で楽しんだようだ。15日は、「グッチ(GUCCI)」18-19年秋冬コレクションから、銀行強盗かと見まがう覆面ルックで登場した。顔を全て隠し、一瞬ではリアーナと判別不可能だが「コーチェラ」会場を闊歩していたところをファンが見破り、そのファッションをSNSにアップし話題になった。

 リアーナは17年の「コーチェラ」でも「グッチ」の17-18秋冬コレクションのグリッターボディースーツで登場したが、この時もスーツを顔まですっぽり被って「コーチェラ」を楽しんでいた。

 また、リアーナは21日、かねてから設立がウワサされていた自身のランジェリーブランド「サヴェージ × フェンティ(SAVAGE X FENTY)」のティザー動画をインスタグラムにて公開した。現在同ブランドの公式ECサイトで事前予約を受け付けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら