ファッション

リアーナ、「コーチェラ」に「グッチ」の覆面ルックで参戦するも即バレる

 カリフォルニア州インディオで4月13〜15日と20~22日に分けて開催された「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival以下、コーチェラ)」に連日参加したリアーナ(Rihanna)。今年はパフォーマンスは行わなかったものの、一参加者として同フェスを楽しんだようだ。

 14日は「コーチェラ」会場内で開催された「フェンティ プーマ バイ リアーナ(FENTY PUMA BY RIHANNA)」のプールサイドパーティーを主催。同ブランドの2018年春夏コレクションのピンクのジャンプスーツに身を包んだ。その後は「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」18-19年秋冬コレクションの太ももの付け根まであるロングムートンブーツとシアードレスに衣装チェンジし、ビヨンセ(Beyonce)のパフォーマンスを最前列で楽しんだようだ。15日は、「グッチ(GUCCI)」18-19年秋冬コレクションから、銀行強盗かと見まがう覆面ルックで登場した。顔を全て隠し、一瞬ではリアーナと判別不可能だが「コーチェラ」会場を闊歩していたところをファンが見破り、そのファッションをSNSにアップし話題になった。

 リアーナは17年の「コーチェラ」でも「グッチ」の17-18秋冬コレクションのグリッターボディースーツで登場したが、この時もスーツを顔まですっぽり被って「コーチェラ」を楽しんでいた。

 また、リアーナは21日、かねてから設立がウワサされていた自身のランジェリーブランド「サヴェージ × フェンティ(SAVAGE X FENTY)」のティザー動画をインスタグラムにて公開した。現在同ブランドの公式ECサイトで事前予約を受け付けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら