ファッション

リアーナ、「コーチェラ」に「グッチ」の覆面ルックで参戦するも即バレる

 カリフォルニア州インディオで4月13〜15日と20~22日に分けて開催された「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival以下、コーチェラ)」に連日参加したリアーナ(Rihanna)。今年はパフォーマンスは行わなかったものの、一参加者として同フェスを楽しんだようだ。

 14日は「コーチェラ」会場内で開催された「フェンティ プーマ バイ リアーナ(FENTY PUMA BY RIHANNA)」のプールサイドパーティーを主催。同ブランドの2018年春夏コレクションのピンクのジャンプスーツに身を包んだ。その後は「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」18-19年秋冬コレクションの太ももの付け根まであるロングムートンブーツとシアードレスに衣装チェンジし、ビヨンセ(Beyonce)のパフォーマンスを最前列で楽しんだようだ。15日は、「グッチ(GUCCI)」18-19年秋冬コレクションから、銀行強盗かと見まがう覆面ルックで登場した。顔を全て隠し、一瞬ではリアーナと判別不可能だが「コーチェラ」会場を闊歩していたところをファンが見破り、そのファッションをSNSにアップし話題になった。

 リアーナは17年の「コーチェラ」でも「グッチ」の17-18秋冬コレクションのグリッターボディースーツで登場したが、この時もスーツを顔まですっぽり被って「コーチェラ」を楽しんでいた。

 また、リアーナは21日、かねてから設立がウワサされていた自身のランジェリーブランド「サヴェージ × フェンティ(SAVAGE X FENTY)」のティザー動画をインスタグラムにて公開した。現在同ブランドの公式ECサイトで事前予約を受け付けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら