ファッション

「グッチ」が日本人画家とコラボでチルドレンズ コレクションを発売

 「グッチ(GUCCI)」は、日本人画家、ヒグチユウコ(Yuko Higuchi)とコラボレーションしたチルドレンズ コレクションを発売する。レザーグッズは12月、ウエアは1月から全世界の実店舗とオンラインショップで展開する。「グッチ」は同コレクションを2010年6月からスタートしておりチルドレンズでは初のコラボレーションとなる。また、製品では日本人と初のコラボでもある。べビーは60cmから、ジュニアは104~152cmのサイズがそろう。

 商品は、ロンパース(2万3000円)、Tシャツ(1万5000円)、ドレス(6万3000円)、スエット(4万7000円)、リュック(10万1000円、10万5000円)、ベルトバッグ(4万4000円)などで、猫や犬などを大胆に描いたイラストが特徴だ。アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクターがヒグチユウコの作品を気に入り、オファーしたことで実現したという。ヒグチは、多摩美術大学油画科卒業。1999年から東京を中心に定期的に個展を開催し、ファッションブランドや画材メーカーなどさまざまな企業とコラボレーションしている。作品集では「ヒグチユウコ作品集」(グラフィック社)、絵本「ふたりのねこ」(祥伝社)、塗り絵本「Museum」(グラフィック社)などがある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら