ファッション

「フレッドペリー」と「グラウンド ワイ」が第2弾コラボ発売 モデルにsumireとHimi Satoの姉弟を起用

 「フレッドペリー(FRED PERRY)」とヨウジヤマモト社の「グラウンド ワイ(GROUND Y)」は6月1日、2017年春夏シーズン以来1年ぶりとなる第2弾のコラボコレクションを発売する。

 ユニセックスの同コレクションは“Partial destructionー半壊”をテーマに、トラックジャケットとトラックパンツのセットアップ(3万8000〜5万2000円)、ポロシャツ(2万4000円)、グラフィックTシャツ(1万円)、トートバッグ(6000円)、レザースニーカー“BREAUX”(2万4000円)の6アイテムをラインアップ。ポロシャツは通常生地に使われる綿にネット生地が織り込まれ、セットアップも生地をひねったり切り込んだりと、“半壊”することで独特のシルエットや風合いを持たせた。また、Tシャツとトートバッグには山本耀司デザイナーの手書きのロゴが描かれる。タン部分に「フレッドペリー」の“ローレルロゴ”が刺しゅうされているスニーカーは、オールブラックでシックな1足に仕上がっている。

 「グラウンド ワイ」直営店と「フレッドペリー」の東京店と大阪店が1日から、両ブランドの公式オンラインストアと正規取扱店舗が8日から販売する。

 なお、メーンビジュアルには俳優の浅野忠信とミュージシャンのCharaを親に持つ、モデルのsumireと俳優のHimi Satoの姉弟が起用された。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら