ファッション

ZOZO610(武藤貴宣)の喜び溢れるファッション人生^_^ Vol.17前澤さんが辞めるとは思っていませんでした

有料会員限定記事

 座右の銘は「泣かぬなら 笑わせてみせよう ホトトギス」。ZOZOTOWN立ち上げメンバーで、「ファッションチアリーダー」に就任した武藤貴宣氏が、ファッションへの愛と明るい未来について、ゆるく語ります。

前号から続く)
 2019年9月12日、ヤフーがZOZOの過半数株を取得するということと、前澤(友作)さんの退任について、朝のニュースで出ました。

 その日は、東京証券取引所が開く前に、オフィシャルのリリースを出しましたが機密性の高い案件だったこともあり、ほとんどの社員は何も知らされていませんでした。ですから、各部署で急いで朝礼をやって、告知しました。多分、業界的にはヤフーに株式売却のインパクトが大きかったでしょうが、社内は前澤さんの退任の衝撃の方が大きかったと思います。誰もが「辞めるわけがない」と思っていたので。ドッキリじゃないけど、本当か?みたいな感じだったんじゃないでしょうか。

 僕としては、ヤフーが過半数取得するのは、上場している企業だし、資本主義の原理からいって、アマゾンでもヤフーでも、そういう可能性としてはあるなとずっと思っていたので、それほど驚かなかったです。ただ、前澤さんが辞めるというのは、ニュースを見ても最後まで半信半疑でした。

 僕は何があっても前澤さんは辞めないと思っていたんです。ただ、前澤さんのキャラ的に、ヤフーの子会社の社長というのは、ちょっとやりづらいのかなと個人的には思っていました。

この続きを読むには…
残り1286⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。