ファッション

「オフ-ホワイト」のジップタイ商標 4年の攻防の末、限定的な登録が認められる

 米国特許商標庁は3月29日、「オフ-ホワイトc/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」のアイコンともいえる“レッド ジップタイ”の商標登録を認めた。2018年7月の申請から約4年、当初の出願内容を修正し協議を重ねた結果の登録承認となった。

 商標は登録時に分類を指定しなければいけない。「オフ-ホワイト」は出願当初、ハンドバッグや財布、バックパックが含まれる18類とトップスやボトムス、ヘッドウエア、フットウエアが含まれる25類を指定することで、「オフ-ホワイト」が展開するほぼすべてのアイテムをカバーしようとしていたが、最終的には①赤いジップタイであること、②履物に使用すること、③ジップタイを提出した図面の位置(“タン”とアッパーが接する部分でシューレースに取り付ける)に取り付けることとして、出願範囲を限定したことで登録が認められた。

 審査を行った米国特許商標庁は当初、ジップタイが機能的であることなどを理由に登録を拒絶していた(米国では原則として機能的な商標は登録を認めないとされている)。これを受けて「オフ-ホワイト」側は“レッド ジップタイ”は機能として必要なものではなく、出所を明示するためのもので、“レッド ジップタイ”がいかにブランドのシグネチャーデザインになっているかを主張し続けた。これに対して米国特許庁もアマゾンで売られている一般的な赤い“ジップタイ”を例に挙げ、「識別力のないプロダクトデザイン」であると反論し、“レッド ジップタイ”が機能なのか、「オフ-ホワイト」のアイテムだと識別するためのデザインなのかという点が大きな争点となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら