ファッション

アダストリア傘下の「カレンソロジー」「カオス」が好調 手薄な高感度マーケットを開拓

 アダストリアの子会社、エレメントルールが運営するウィメンズ向けセレクトショップ業態「カレンソロジー(CURENSOLOGY)」は3月3日に、ニュウマン横浜5階に新店をオープンした。これで全国で5店となった。同業態の2021年2月〜22年1月の既存店売上高(EC含む)は前年同期比44%増、ルミネ新宿ルミネ1の店舗に限れば同67%増といい、同じくエレメントルールが運営するセレクトショップ「カオス(CHAOS)」と共に、小規模ながらアダストリアグループの中で業績好調なブランドの代表格となっている。

 アダストリアといえば「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」「ローリーズファーム(LOWRYS FARM)」など、郊外SC向けのカジュアルブランドが主力。手薄となっていた高感度・高単価マーケットの開拓のために、17年3月に100%子会社としてエレメントルールを立ち上げたという経緯がある。社長として迎えたのは、元ベイクルーズ取締役の小松﨑睦氏だ。「カオス」(客単価6〜7万円前後)、「カレンソロジー」(同3〜4万円前後)の1号店はそれぞれ18年3月に出店。現在、「カオス」は東京・表参道の路面店や東京・丸の内の丸ビルなど全国に6店があり、ニュウマン横浜3階にも出店している。

 「カレンソロジー」のニュウマン横浜の新店は、バックヤードを含む店舗面積約99平方メートル。オリジナル商品をメインに、一部買い付けのウエアや雑貨をそろえる。オープン時はビンテージの「エルメス(HERMES)」「セリーヌ(CELINE)」などのバッグも豊富にそろえてSNSで発信したところ、平日のオープン日から多くの来店があった。

 店舗数が少ないため「EC化率は現在50%を超える」(坂本貴之カレンソロジー営業部長)といい、ライブコマースなどへの反応もいいという。ニュウマン横浜の「カレンソロジー」がある区画は以前はユナイテッドアローズの「イウエン マトフ(AEWEN MATOPH)」があった場所。コロナ禍の影響もあってテナントの入れ替えが進む中、デベロッパーからの出店要請は多いというが、「大規模に出店する考えは現時点ではない。3年後までに3〜4店プラスというイメージ」と坂本部長。

 なお、エレメントルールの中でも事業の選択と集中を行っている。20年秋冬にスタートした20〜30代向けウィメンズブランド「エジック(EZICK)」は、ルミネ新宿など実店舗2店とアダストリア自社ECモール「ドットエスティ(.ST)」を含むECモール3社での取り扱いを2月1日で終了。今後はアダストリアグループでEC専業ブランドを手掛けるBUZZWITに移管し、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」「エルショップ(ELLE SHOP)」で販売するという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら