ビジネス

アダストリア3〜8月期は計画未達 ロードサイド独立立地への出店も検討

 アダストリアの2021年3〜8月期連結業績は、売上高が前年同期比16.3%増の926億円、営業損益が6億円の黒字(前年同期は44億円の赤字)、純損益が4億円の黒字(同24億円の赤字)だった。6〜8月の緊急事態宣言や天候不順が大きく響き、期初の計画には届かなかった。

 3〜8月期の振り返りとして、「(SC内を中心に)全国に出店することで成長してきた結果、現在国内には約1300店がある。しかし、(SCはコロナ拡大で強制的に休業となることも多いため、ロードサイドなどの)独立立地などへの出店や、ECの拡大など多様性を持たなければならない。今まさにさまざまな検討を進めている」と、9月30日に行われたリモート決算会見で福田三千男代表取締役会長は話した。同業他社では、まさにロードサイドの独立立地を中心とするしまむらが同じ3〜8月期で過去最高業績を叩き出している。同じく好調な「無印良品」も、ロードサイドを含む食品スーパー横への出店を成長戦略として掲げている。

 コロナ対応の3カ年計画として、2年目である22年2月期は出店や移転増床、新規ブランド育成などに積極的に投資し、3年目に売上高も回復させる青写真を描いている。しかし、SC以外の出店立地や、SCでもどのデベロッパーと組むべきかなどの検証を重ねているため、出店ペースは計画を下回っている。3カ年計画も「大きく変わる」見込みだ。

 3〜8月期は計画未達だったが、特に苦しかった6〜8月期間でも営業赤字は免れたことには一定の手応えを感じている。「(ワクチンの効果もあり)米国の市況は5月以降、かなり上向いてきている。同様に日本も、下期(9月〜22年2月)は回復してくる」(木村治社長)という期待もある。それにより、22年2月期連結業績予想は据え置いた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら