ビューティ

「ブルガリ」のパーソナライズフレグランス“アレーグラ”からロマンチックな新作が登場

 「ブルガリ(BVLGARI)」は1月28日、パーソナライズフレグランスシリーズ“アレーグラ”の新作3種を店舗限定発売した。“アレーグラ”は2021年に誕生したラインで、オードパルファムに貴重な香料を用いた“マグニファイング エッセンス”を自由自在に組み合わせることでパーソナライズできるコンセプトになっている。新作はブルガリ 銀座タワーおよび公式ECで限定販売する。

 今回登場するのは、オードパルファム“スペッタコローレ”と“バチアーミ”、フレグランスに重ねて使えるエッセンス“マグニファイング ミルラ”の3種。“スペッタコローレ”(50mL、税込2万790円/100mL、税込2万9700円)は豊かなフローラルノートをもたらすイリスをハートノートに用い、光を表現。明るく華やかなフレグランスだ。“バチアーミ”(50mL、税込2万790円/100mL、税込2万9700円)はイタリア語で「Kiss me(私にキスして)」を意味し、イタリアの官能的な側面を昇華させたフローラル・アンバー調を特徴とする。ガーデニアアコードとバニラがブレンドされたうっとりするようなロマンチックな香りだ。“マグニファイング ミルラ”(40mL、税込2万3760円)はアフリカで古代から貴重な樹脂として珍重されてきた神聖な香料のミルラがテーマ。煌びやかなミルラとフルーティなリコリスに、樹脂を焚くと出るスモーキーかつレザリーでなめらかな香りを重ねた。オードパルファムと重ねて使うことにより香りに新たな表情を加えることができるほか、単独で使えば温かく官能的な香りを楽しむことができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。