ビューティ

「ブルガリ」からカスタマイズ香水が登場 香水と“濃縮エッセンス”を組み合わせて使う

 「ブルガリ(BVLGARI)」から、カスタマイズできる新作フレグランスライン“アレグラ(Allegra)”が登場した。ベースとなる香り5種と、それと組み合わせて使える“マグニファイイングエッセンス”をそろえ、自由自在にカスタマイズできるようになっている。香りはマスターパフューマーのジャック・キャヴァリエ(Jacques Cavallier)が手掛けた。

 ベースとなる5種類のオードパルファムはオレンジブロッサムやネロリ、マンダリン、シトラスを組み合わせた“リヴァ ソラーレ”、ローズとラズベリーのノートがハーモニーを奏でる“フィオーリ ディアモーレ”、グルマン調の“ドルチェ エスタジ”、オスマンサスとアプリコットをブレンドした“ロックンローマ”、パチュリやバニラ、レッドピーチアコードを合わせた“ファンタジア ヴェネタ”をラインアップ。そこに組み合わせられる5種の“マグニファイイングエッセンス”はムスクやベルガモット、ローズ、バニラ、パチュリなどの天然由来原料を濃縮してブレンドしたもので、単独で使うことも可能だ。ベースの香り(オードパルファム)は50mLで140ユーロ(約1万7600円)、100mLで200ユーロ(約2万5200円)、“マグニファイイングエッセンス”は40mLで160ユーロ(約2万円)。

 サステナビリティにもこだわっている。ボトルの96%はガラス製で、残りの4%はプラスチックのポンプとアルミニウム製のプレートから成り、簡単にリサイクルできるようにした。外箱も環境に配慮した素材を用いている。

 新作は、既存のラグジュアリーライン“スプレンディダ(Splendida)”と最高峰ライン“レ ジェンメ(Le Gemme)”の間のポジショニングだ。カスタマイズトレンドが盛り上がるジェネレーションZやミレニアル世代をターゲットにしている。パルファン事業部のゴンザレズ・セバスチャーニ(Gonzalez Sebastiani)マネジング・ディレクターは「今、100mLサイズで200ユーロ前後の価格帯のフレグランスのマーケットが急成長している。このセグメントを狙いたかったのと、近年伸びている中国市場もターゲットにしている」と説明する。

 すでにアメリカではブルーミングデールズ(BLOOMINGDALE'S)やニューヨーク5番街の直営店、アジアではTモール(TMALL)や上海のグランドゲートウェイ、シンガポールの高島屋、北京の漢光百貨で発売した。そのほか年内に中東やヨーロッパでも発売し、世界100店舗ほどで取り扱う予定だ。日本での展開は未定。業界筋は、初年度の売り上げは1000万ユーロ(約12億円)にのぼると予測する。

 「ブルガリ」は新型コロナウイルスの影響も受けフレグランスの流通網を30%カットしており、現在世界で1万8000店舗で取り扱われている。2022年までにはさらに1万店に減らす狙いだ。なお、日本ではこれまでブルーベル・ジャパンが展開していたが、今年から川辺が輸入販売を行う。同社は百貨店のフレグランスカウンターやブティックなど、約90店舗でフレグランスを展開予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら